カテゴリー別アーカイブ: Channel Islands SurfBoards

アルメリック-モデル選び2018



様々な人気モデルがラインナップするチャネルアイランズサーフボード。

写真左からホグレット、ハイファイブ、ビスケットボンザー、サンプラー、ロケット9、ツインフィン、フィーバー、ブラックアンドホワイト。

小波に強く楽しめるホグレットから右に徐々にパフォーマンスは上がり、大きい波に対応できるモデルになっています。

モデル毎にしっかりと個性があり、サーフィンのスタイルに合わせて選択していただく事で、休日のサーフィンを楽しんでいただけます。

それぞれのモデルを、すでに使っているお客様の感想と、僕が使った感想を混ぜて解説します。

◇ホグレット
ラインナップの中でも最も波をキャッチする性能が優れ、テールは細く絞り込まれているので縦のアクションも可能であり、ノーズコンケーブを備えているのでノーズライディングなどロングボードスタイルの楽しみもできるモデル。
長年細身のショートボードだけを使っている方には新鮮な遊び道具になると思います。
小波ではゆったりとライディングをしながらも多少のアクションを入れたい、
現在お使いのボードが波に乗れる本数に満足できていない、
ドルフィンスルーはできるけど、楽に沢山の波に乗りたい、
やや運動不足気味で体重も増加、
この様な方にお薦めしたいホグレット。
既に使われている方の評判も良く、波に乗る楽しさをたっぷりと味わえるモデルです。

◇ハイファイブ
ベストセラーモデルであるハイファイブ。
短いレングスに幅広のフィッシュテールは滑り出しの速さとパフォーマンス性能に優れ、不満の多い小波コンディションでも楽しませてくれるモデル。
リラックスできる弱い波でも沢山の波を捉える事が出来るので、上達の切っ掛けを掴みやすい特徴があり、このモデルだけは手放せない、という方が多いサーフボードです。
ヒザからカタサイズまでがベスト、水量が多くなければアタマサイズの波も使用できます。
パフォーマンスボードしか持っていなく、小波になると全く乗れない、
日本で多くあるコシムネの波で沢山乗れてパフォーマンスを楽しみたい、
この様な方にお薦めのハイファイブです。
発売から3回目の冬を迎え、来春からメーカー在庫はなくなり、カスタムオーダーでの注文がメインとなる残念なモデルです。

◇ビスケットボンザー
ロブマチャドが10年前にデザインして登場した人気モデルのビスケット。
ボンザーフィンが付き、深めのコンケーブは小波でもスピード性能は優れ、センターの専用シングルフィンはドライブ感を強く感じる事ができるのが特徴。
フラット気味な波のセクションもグイグイとドライブして走り、波を乗りつないで行けるのがボンザーシステムの長所です。
個性的なボードを求め、小波でもしっかりとしたドライブターンでサーフィンしたい方にお薦めのビスケットボンザー。
ボンザーシステムになった事で、扱いの難しいサーフボードになるのではなく、むしろ補助具が付き、ターンが行い易いと感じていただけます。

◇サンプラー
ベストビーチブレイクボードであるサンプラー。
モモコシからアタマサイズの波まで、多少風が入っていたりボヨついてしまう状況でもコンディションを選ばず活躍してくれるのがサンプラー。
サイドフィン周辺の深いコンケーブは力強いターンからパンチの効いたトップアクションが可能であり、アクションが多いパフォーマンスの好きなサーファーにはお薦めのモデルです。
デーンレイノルズがデザインしたボードは前足の上にボリュームが多くあるのが共通点ですので、サイズ選びを慎重に行わないと、全く活躍しないボードになってしまう場合があります。
1本のボードで様々な波に対応できる、メインボードをお探しならサンプラーはお薦めです。

◇ロケット9
サンプラーに並び、小波からオーバーヘッドでも活躍してくれるロケット9。
テールが細いロケット9はコシハラの波から活躍してくれるのがサンプラーとの少しの違い。
その絞り込んだ細いテールはサイズが上がって来れば、トップターンやカットバックを行いやすく、フェイスに深いトラックを描きながらカーブさせられるのが特徴です。
ワイデストポイントが前にあるややクラッシックなアウトラインは滑り出し早く、サーフィン歴の長い方に人気の個性的なショートボードです。
細身のテールにはツインスタビライザーが良く合い、スピード性は上がり、さらにシャープなカービングを楽しんでいただけます。
サンプラーと異なり、レングスを長くしても性能を損なう事は無く、オーバーフローで選ばれても細いテールはコントロール性が重すぎてしまう事がありません。
年齢と共に少し長めのショートボードが必要と感じている方や、
ノーマルなショートボードを長年使い、サーフィンに変化と新たな刺激を求めている方にお薦めのモデルはロケット9です。

◇ツインフィン
まだまだ使われている方が少ない、最新型クラシックツインフィン。
すでに使われている方と僕自身もこのサーフボードを手放す事は無いと言えるモデルです。
全モデルの中でも最速であり、クラシックなアウトラインに現代的な最新のロッカーにアップデートされているので、強いドライブ感とカービングを楽しんでいただけます。
大きいサイドフィンとセンターに小さなトレイラーフィンの仕様なので、トライフィンだけを使っていた方は、最初のターンでテールが滑ってしまうかもしれませんが、体重の使い方が分かり、軸の移動が明確にできる様になればステップアップに繋がるサーフボードでもあります。
ツインフィン仕様なので、初心者の方よりは、経験の長い方がこのモデルは楽しんでいただけ、サーフボードの進化を実感していただけると思います。
クラシックなフォルムにスムースで強力なエンジンを搭載した乗り物を求める大人の方にお薦めなツインフィンです。

◇フィーバー
2018年のワールドツアー選手の多くが持ち込んでいる、信頼度の高いニューモデルのフィーバー。
ラインナップするモデルの中では長めのレングスになり、日本の波ではハラムネサイズからオーバヘッドまで活躍してくれるパフォーマンスモデル。
細めのノーズエリアからは想像できない滑り出しの速さがあり、テイクオフからインサイドセクションまで、全てのパートで新しいサーフボードの性能を楽しんでいただけるモデルです。
近年主流となる短いレングスのパフォーマンスボード、久しぶりに3インチ長い身長と同じぐらいのモデルを使うと、ターンの伸びは良く、浮く様なスピード感を味わえます。
コンテスト志向の方には得点を出しやすいボードデザインであり、アクションを好む方にお薦めのニューモデルフィーバーです。

◇ブラックアンドホワイト
フィーバーと同じく、日本の波にフィットする長めレングスのパフォーマンスモデルであるブラックアンドホワイト。
ツアー選手が使っているフルロッカーのルーク15とは異なり、控えめなロッカーとやや広めなノーズエリアは日本の波との相性良く、癖が無くとても扱いやすいモデル。
ベーシックでスマートなアウトラインのブラックアンドホワイトですが、こちらもデーンレイノルズがデザインしているだけあり、トップアクションでのテールのリリース感は素晴らしく、ツアー選手も使うハイパフォーマンスモデルと言えます。
長めのレングスは加速性能がアップしていて、パフォーマンス性の良さは乗り手をサポートしてくれるサーフボードです。
体力が落ちている方にはレングスを長くして浮力多めのサイズを選んでいただけるタイプになり、
昨年のオーダーフェアーでも、幅広い年齢の方から最もご注文が多かったのはこのブラックアンドホワイトになります。
サンプラーやロケット9など短めのパフォーマンスボードではやや体がきつく不安、
ショートボードを続けたいが、身長よりも長くしてテイクオフを楽にしたい、
体力的、年齢的に長めのショートボードを探している、
1本で小波から大きい波まで使えるメインボードが欲しい、
大きい波を好み、安心感あり信頼できるボードでテイクオフしたい、
この様な方にお薦めのブラックアンドホワイトです。

2017レイトモデルであるOGフライヤーとネックビアードラウンドテール。
今年オススメの2モデル。
◇ネックビアードラウンドテール
これまでに登場したモデルの中で最も販売数が多く、一般の方から信頼度の高いネックビアード。
2017年にラウンドテールでアップデートされ、更に乗り易さが向上したモデル。
千葉外房のモモ〜アタマサイズまで活躍する万能性で、メインの1本としてお勧めできます。
ハイファイブよりは長目を好み、小波には強くサンプラーの様なパフォーマンス性を求めるのであればネックビアードラウンドテール。

◇OGフライヤー
20年前に誕生したモデルのロッカーとコンケーブが継承される名作のオリジナルフライヤー。
直進安定性に優れ、早い滑り出しからのベーシックなドライブターンの感覚は一度使われると病み付きになる乗り味があります。
浅いシングルダブルコンケーブは扱いやすく、アルのシンボルでもあるバンプスカッシュテールは、ワールドツアーレベルの高いパフォーマンスも可能なデザインになっています。
サンプラーよりも長さをとれ、同じ長さのフィーバーよりも容積が多くなるデザインなので、
最近、体力の衰えを感じているけど、まだまだショートボードを使い続けたい方にはベストボードとなっていただけます。
長めのレングスと多めの容積で楽にショートボードを乗りこなすならOGフライヤーはお勧めです。


様々なデザインのサーフボードがラインナップするチャネルアイランズ。
波に乗れる本数が満足していなければホグレット、小波でも楽しむならハイファイブとビスケットボンザー、日本の平均的な波で活躍する1本ならサンプラーとロケット9、アップデートネックビアード、個性的でハイパフォーマンスならツイン、テイクオフが楽な長めならフィーバーとブラックアンドホワイト、レイトモデルのOGフライヤー。


サーフィンのレベル、年齢や体力などに合わせたサイズ選び、レングスと容積のバランスが一番重要になり、同じモデルでもサイズ選択の仕方で使い易さは大きく異なってくるのが現代のサーフボードです。
オーバーフローで浮力たっぷりと多いサーフボードを準備したのに乗れなくなった、というお悩みがありましたらいつでも相談してください。

適切な道具選びを行い、休日のサーフィンを楽しんでください。


01111rincon
年齢と向き合うサーフボード

4model
JOE-HIGH5-PODMOD-MINI


EPS-新品フレックスバーお試し特別価格


EPS-新品フレックスバーお試し特別価格

気温上がる水曜日の朝。
今朝も南西の風。

波のサイズはムネカタ。

十分なサイズが続く千葉南。
一日楽しめそうです。

EPS-新品フレックスバーお試し特別価格キャンペーン
在庫の終了したサイズが出ています。

サーフィン市場に広まっているEPSフォームのサーフボード。
昨年までは全体の2割だったEPSフォームの需要も、今年は4割まで伸びるのではないかと予想しているカリフォルニアのサーフィン事情。

チャンネルアイランズの選手達は、コンテスト用に毎回準備するボードの数は平均で10本。
その中でEPSフォームのボードは2〜3本、ほぼスモールコンディション時の準備。
ある程度のサイズで開催されるワールドツアーなので、やはりポリウレタンフォームのボードが主流のようです。

これが日本の平均的な小波コンディションとなるとEPSフォームのサーフボードの活躍してくれる場は多くなってきます。

最近のEPSはフォームの目が細かくなり、とても乗り易く圧倒的に速い滑り出しが約束されます。

長年ポリウレタンフォームだけを使い、たまには新素材でさらに沢山の波に乗れるボードを使ってみたいと思っている方も多いと思います。

しかし金額的にも高くなってしまうEPSフォームのサーフボード。

今回は高密度EPSフォームが使われたフレックスバーテクノロジーの4モデルを
数量限定で、EPSフォームお試し特別価格としてご案内いたします。

対象モデルのフレックスバーは
サンプラー、ポッドモッド、ロケット9、ブラックアンドホワイト

発売から3年目のフレックスバー、来年からはカスタムオーダーのみになる予定です。
定価から30%オフ、46,000円から50,000円のお値引きとデッキパッドプレゼントのこの機会に、ぜひEPSフォームのサーフボードにトライしてください。

倉庫からの取り寄せになりますので、在庫確認などいつでもお問い合わせください。
ご注文から2営業日でお店に到着後お渡しが可能です。

本日から3月中旬ぐらいまでの特別価格販売になり、在庫無くなり次第終了になります。

送料はかかりますが、全国発送行います。
全て税別価格の表示になり、各種カードご利用いただけますが、今回はなるべく現金でのお支払いをお願いしています。

サンプラーフレックスバー 145,000円 → 98,000円  +デッキパッドサービス
在庫サイズは、5’4”, 5’5” , 5’6” , 5’7” , 5’8” , 5’9”   フィンシステムはFCS2グレイトライフィン
フューチャーフィンは5’7” , 5’8”が各1本ございます。

今年から定価が10,000円下がり、金額とオールマイティーなパフォーマンス性能で選ぶならサンプラーがお勧めです。

ポッドモッド5フィン フレックスバー 165,000円 → 115,000円 +デッキパッドサービス
在庫サイズは、5’2” , 5’4”, 5’6” , 5’8” , フィンシステムはFCS2グレイ 5fin。
フューチャーフィンも同じサイズがございます。

今回ご紹介の特別価格の中で、広めのアウトラインとEPSの組み合わせで最も波を捉える性能が優れているのがポッドモッドです。
久しぶりにサーフィンを再開する方や、現在お使いのショートボードに乗れる本数が満足できていない方、ノーズ幅の細いボードに抵抗のある方には、このポッドモッドのフレックスバー は扱いやすくお勧めです。

PUフォームのポッドモッドとはセンター厚が変更され容積が違っています。
フレックスバーは厚みが落とされていますので、長めを選ばれると沢山波に乗れてパフォーマンスの良いポッドモッドを楽しんでいただけます。

ロケット9 フレックスバー 155,000円 → 109,000円 +デッキパッドサービス
在庫サイズは、 5’6” , 5’7” , 5’8” , 5’9”  , 5”10”フィンシステムはフューチャー白トライフィン。

小波からサイズアップまで使え、ツインスタビ装着でも楽しんでいただけるロケット9。
ブラックアンドホワイト フレックスバー 155,000円 → 109,000円 +デッキパッドサービス
在庫サイズは、5’9” , 5’10” , 5’11” フィンシステムはFCS2グレイ トライフィン 各1本。

在庫サイズは、5’9” , 5’10” , 5’11” フィンシステムはフューチャー白トライフィン。

長めのレングスで安心感あるテイクオフを求めるならブラックアンドホワイト。
サンプラーやロケット9の短いタイプのモデルが不安の方にはこちらがお勧めです。

 

モアナ コースタルサービス tel 04-7096-0173


CI Factory Tour 2018-3



CI Factory Tour 2018
カリフォルニ滞在最終日。
賑わうニューポートビーチで人気のお店をチェック。
最後の目的地ハンティントンビーチでカノアと待ち合わせ。

身体が大きくなり、オーストラリア出発前に調整していたカノア五十嵐。

今年から日本人としてワールドツアーを周り、オリンピック出場を目指す選手。

ビデオ撮影をして、いつもビーチから見守っているご両親。
ビーチで話すのはお気に入りのサーフボードと彼のシグネチャーモデルについての詳細。
ムネカタのハンティントンビーチで使っていたのはサイズ違いのフィーバー。
ツアー用に準備しているのもフィーバーと50Storm。 日本人初のシグネチャーモデルがチャネルアイランズからの発売が決まり、今後も活躍が期待される20歳の五十嵐カノア。地形決まり良い波だったハンティントンビーチ。 身長180cm、5ヶ国語を話す20歳。
サーフィン後スターバックスに行き、今後のカノアの目標を話してくれたご両親。
50Storm

Huntington Beach

Newport Beach

この日はスーパーボウルサンデー、フリーウエーは空いていてスムースにホテルに到着。

とても内容の濃い旅になりました。



ウネリがまとまり始めた金曜日の千葉南。

波のサイズはムネ〜アタマ、まだワイドなブレイク。

海水は冷たく薄手のブーツは必要。

今朝はサンプラーのフレックスバーでサーフィン。


CI Factory Tour 2018-2



2018  CIファクトリー
干潮の時間ベンチュラでサーフィン。
ファクトリー横の森を抜けたところにデーンの新しい大きな自宅があるそうです。

午後からはボード説明会。
これが一番大切な時間なので、忘れないように動画を撮るようにしています。
最近登場した新しいモデルのアウトラインやロッカー、コンケーブなどの特徴を聞き、体型やレベルに合わせたカスタムオーダーの受けかたを勉強します。

時間を掛けたのは今年登場のスパインテック、OGフライヤー、3Dボンザー、ロケットワイド、ツアー選手から好評のフィーバー。

フレックスバーに続きCI社から登場するEPSフォームのスパインテック。
プロ選手の評価も良く、オーストラリアの第1戦から持ち込むようです。

スパインテックの詳細は以前ご紹介したので、ここでは省略します。
デーンがデザインしてテストしたアウトラインにキャンベルブラザーのボンザーシステムを組み合わせた3D。
スピード性能が優れ全体のバランスが良いCI社オリジナルのニューデザインなので、ボンザーシステムを外したトライフィンも考えているとの事。
今回一番聞きたかったのがOGフライヤー。

1997年当時チームライダーだったサニーガルシアやデイブディクソンが使っていたMBB3というモデルが彼らにとってマジックボードになっていて、それを元に1998年に誕生したのがフライヤー。

それから4年間フライヤーの開発が更に続き、ノーズロッカーやコンケーブを変更して一つのモデルでも実際には5世代に変化していて、第3世代のフライヤーは後にWHIPモデルとして登場し、第4世代にはシングルダブルコンケーブからシングルコンケーブになったフライヤーFが登場しています。
その変化して行くデザインの中で、90%の人が良い評価をしていた第2世代のフライヤーが現在のオリジナルOGフライヤーとして登場しています。
第2世代のロッカーとコンケーブがそのまま使われ、アウトラインとボリュームだけが現代の数値で変更して乗りやすさをバージョンアップさせたのがこのOGフライヤーです。

昔フライヤーを使い、完成度の高いコンケーブからのスピード性能やパフォーマンス性に驚かれ、サーフィンが上達した方は、この第2世代のフライヤーを好まれていたと思います。

世界中には様々なサーフボードが登場していますが、多くのショートボードの原型となり、20年近く経った現在も使われているボトム形状というのは他で聞いたことがありません。
多くのチャンピオンを生み出した歴史あるサーフボード工場。
長い1日が終わり、ホテル近くのビーチ。サンタバーバラ滞在最後の日はリンコンブリューウエリーに集合。インディアペールエールが美味しく、CI社のスタッフが大好きなお店。
シェイパーのブリットといつもボード解説をしてくれるアーロン。 全員が揃ったので、酔ってしまう前に記念撮影。
左からボード開発のアーロン、チームマネージャーのブレイクとナザニエル
メインシェイパーのブリットメリック、中央がGMのスコット、隣は私と通訳のトールくん
カスタムオーダーをコントロールしているジョンとCIJapanの岡島くん。

CI社をコントロールしている主要のメンバーが揃い、様々な話を聞けた夜。


チームマネージャーのナザニエルとブレイク。
アボカドソースのフィッシュタコス。 フィッシュアンドチップス。
お店の隣で醸造してるだけありホップの風味が強く、とてもフルーティーなIPA。
琥珀色のとても美味しいビール、もう少し濃く度数の高いDIPAで記憶が薄れました。 シェイプマシンが一般的になった現在、再びオールハンドのシェイプも求められているというカリフォルニア。
OGフライヤーの話になり、新しいモデルの開発も大切だけど昔からチャネルアイランズを愛用し、若い頃楽しんでもらったモデルを現代風に復刻させ、再び楽しんでもらう為の企画だそうです。

歴史があり、完成度の高いサーフボードを造っているファクトリーにしか出来ない事です。

今年は印象深い勉強になるファクトリーの訪問となりました。

2018

 


千葉外房は大荒れの木曜日。

 

 


CI Factory Tour 2018-1




今年も冬休みはチャネルアイランズの本社を訪問。

現在はほぼ24時間体制で稼働しているサンタバーバラにあるチャネルアイランズのHQ。
年末年始に大規模な山火事と土砂崩れの自然災害があり心配していた訪問。
工場のスタッフにも影響が出て、生産納期はやや遅れ気味になっているようです。
早朝のファクトリー。
波が小さい時のスタッフの出社は早く、早朝から動きのあるファクトリー内、17時になれば一斉に退社で残業は全く無し。

試乗するボードの準備やニューモデルの詳細、ポイントの案内などをしてくれたナザニエル。
来日経験もありとても頼りになるチームマネージャー。
新しいスパインテックをモデル別に準備してもらい、その他にこれから出るニューモデルやプロトタイプを試乗。

試乗ボードを車に積んでから波チェックへ。
暖かい安定した天候が続くと北ウネリのリンコンには波が無く、今回の試乗場所はベンチュラ。
ベンチュラのC-streetはコシムネのライトブレイク。 日本で平均的にあるコンディションでボード試乗には最適。
まだ写真撮影が出来ないモデルが数本、ナザニエルにボードの特徴を聞きながら試乗のスタート。
ロケット9のアウトラインを変更して、日本の様な弱い波で活躍するニューモデル。

テストボード。
ボード試乗が終わり、ベンチュラの街で用事を済ませてから午後はファクトリー見学。
いつもゆっくりとした時間の流れを感じるファクトリーのあるカーピンテリアの街。

シェイプの終わったテストボードをラミネートに持ってきていた、アルさんの息子ブリット。
デーンとニューモデルの開発を行っているブリット。
自宅にシェイプルームがあり、最近の高速で走るボードを作り出しているのが彼のデザイン。
お父さんと同じとても気さくな性格で、お酒の席でもいつも明るく接しやすいシェイパーです。
1990年から父の元でシェイプを始め、現在はチャネルアイランズのヘッドシェイパーでありデザイナー。
ブリットの自宅にツアー用のボードをピックアップに来ている、ご近所のレイキーピーターソン。
工場内にはフレックスバー 製造スペースの隣に新しくスパインテックのラインが増え、製造方法などを全て見て確認してきました。 今年は新素材でテスト中の物が沢山あり、工場内の写真を出すことが出来ませんので、工場内は過去のブログをご覧ください。 ブリットと共にニューモデルの開発を行い、ヒット商品を誕生させているデーンのボード。 ツアーで活躍しているセイジエリクソンやカノアのボード。
ジョディースミスは契約解除になったようです。 製造以外は17時に業務終了。



 

水曜日の千葉南

朝はムネ時々カタサイズの波。


50 STORM


とっても寒い日曜日の朝。

ウネリ下がってしまいスモールコンディション。

波のサイズはコシハラ。

セットの間隔は長め。
水温と気温低いので、ブーツグローブ必要です。 今日はオフショアが続きそうです。

カノア五十嵐モデル THE 50 STORM

日本人としてワールドツアーに参戦する事が決まったカノア。

2週間前のハンティントンビーチ、
ボードの準備と日本人初となるシグネチャーモデルのロゴの最終チェックしていたカノア。


カリフォルニア


水曜日までの冬休み一週間を使い、今年もカリフォルニアに行ってきました。
メインはチャネルアイランズの本社訪問。

毎日暖かく無風のコンディションになり、今回は多くのポイントでサーフィン。
マリブからスタートして北上、ベンチュラではニューモデルの試乗。
LAから南下してダナポイントからトラッスルズへ。
ニューポートからハンティントン。
写真の整理が終わったら詳しくご紹介の予定です。

ニューモデルのロケットワイド。
ROCKET WIDE  アルメリック ロケットワイド

千葉南の金曜日は気温3度の朝。

波のサイズはコシムネ。

お昼前は暖かくなり、春を感じる日差し。

今朝も海水温度低め、ブーツは必要です。
カリフォルニアでも愛用者が多く、万能で信頼度の高いモデルを実感したサンプラー。

OGフライヤー5’9″  店頭ストックが入荷。

サンプラーとOGフライヤーは今年から115,000円の価格設定に変更されています。
その他最近のモデルは125,000円です。