カテゴリー別アーカイブ: Channel Islands SurfBoards

50 STORM


とっても寒い日曜日の朝。

ウネリ下がってしまいスモールコンディション。

波のサイズはコシハラ。

セットの間隔は長め。
水温と気温低いので、ブーツグローブ必要です。 今日はオフショアが続きそうです。

カノア五十嵐モデル THE 50 STORM

日本人としてワールドツアーに参戦する事が決まったカノア。

2週間前のハンティントンビーチ、
ボードの準備と日本人初となるシグネチャーモデルのロゴの最終チェックしていたカノア。


カリフォルニア


水曜日までの冬休み一週間を使い、今年もカリフォルニアに行ってきました。
メインはチャネルアイランズの本社訪問。

毎日暖かく無風のコンディションになり、今回は多くのポイントでサーフィン。
マリブからスタートして北上、ベンチュラではニューモデルの試乗。
LAから南下してダナポイントからトラッスルズへ。
ニューポートからハンティントン。
写真の整理が終わったら詳しくご紹介の予定です。

ニューモデルのロケットワイド。
ROCKET WIDE  アルメリック ロケットワイド

千葉南の金曜日は気温3度の朝。

波のサイズはコシムネ。

お昼前は暖かくなり、春を感じる日差し。

今朝も海水温度低め、ブーツは必要です。
カリフォルニアでも愛用者が多く、万能で信頼度の高いモデルを実感したサンプラー。

OGフライヤー5’9″  店頭ストックが入荷。

サンプラーとOGフライヤーは今年から115,000円の価格設定に変更されています。
その他最近のモデルは125,000円です。


アルメリック-2017モデル選び


様々な人気モデルがラインナップしている2017年のチャネルアイランズサーフボード。

写真左からホグレット、ハイファイブ、ビスケットボンザー、サンプラー、ロケット9、ツインフィン、フィーバー、ブラックアンドホワイト。

小波に強く楽しめるホグレットから右に徐々にパフォーマンスは上がり、大きい波に対応できるモデルになっています。

モデル毎にしっかりと個性があり、サーフィンのスタイルに合わせて選択していただく事で、休日のサーフィンを楽しんでいただけます。

それぞれのモデルを、使っているお客様の感想と、僕が使った感想を混ぜて解説します。

◇ホグレット
ラインナップの中でも最も波をキャッチする性能が優れ、テールは細く絞り込まれているので縦のアクションも可能であり、ノーズコンケーブを備えているのでノーズライディングなどロングボードスタイルの楽しみもできるモデル。
長年細身のショートボードだけを使っている方には新鮮な遊び道具になると思います。
小波ではゆったりとライディングをしながらも多少のアクションを入れたい、
現在お使いのボードが波に乗れる本数に満足できていない、
ドルフィンスルーはできるけど、楽に沢山の波に乗りたい、
やや運動不足気味で体重も増加、
この様な方にお薦めしたいホグレット。
既に使われている方の評判も良く、波に乗る楽しさをたっぷりと味わえるモデルです。

◇ハイファイブ
ベストセラーモデルであるハイファイブ。
短いレングスに幅広のフィッシュテールは滑り出しの速さとパフォーマンス性能に優れ、不満の多い小波コンディションでも楽しませてくれるモデル。
リラックスできる弱い波でも沢山の波を捉える事が出来るので、上達の切っ掛けを掴みやすい特徴があり、このモデルだけは手放せない、という方が多いサーフボードです。
ヒザからカタサイズまでがベスト、水量が多くなければアタマサイズの波も使用できます。
パフォーマンスボードしか持っていなく、小波になると全く乗れない、
日本で多くあるコシムネの波で沢山乗れてパフォーマンスを楽しみたい、
この様な方にお薦めのハイファイブです。
発売から3回目の冬を迎え、来春からメーカー在庫はなくなり、カスタムオーダーでの注文がメインとなる残念なモデルです。

◇ビスケットボンザー
ロブマチャドが10年前にデザインして登場した人気モデルのビスケット。
ボンザーフィンが付き、深めのコンケーブは小波でもスピード性能は優れ、センターの専用シングルフィンはドライブ感を強く感じる事ができるのが特徴。
フラット気味な波のセクションもグイグイとドライブして走り、波を乗りつないで行けるのがボンザーシステムの長所です。
個性的なボードを求め、小波でもしっかりとしたドライブターンでサーフィンしたい方にお薦めのビスケットボンザー。
ボンザーシステムになった事で、扱いの難しいサーフボードになるのではなく、むしろ補助具が付き、ターンが行い易いと感じていただけます。

◇サンプラー
ベストビーチブレイクボードであるサンプラー。
モモコシからアタマサイズの波まで、多少風が入っていたりボヨついてしまう状況でもコンディションを選ばず活躍してくれるのがサンプラー。
サイドフィン周辺の深いコンケーブは力強いターンからパンチの効いたトップアクションが可能であり、アクションが多いパフォーマンスの好きなサーファーにはお薦めのモデルです。
デーンレイノルズがデザインしたボードは前足の上にボリュームが多くあるのが共通点ですので、サイズ選びを慎重に行わないと、全く活躍しないボードになってしまう場合があります。
1本のボードで様々な波に対応できる、メインボードをお探しならサンプラーはお薦めです。

◇ロケット9
サンプラーに並び、小波からオーバーヘッドでも活躍してくれるロケット9。
テールが細いロケット9はコシハラの波から活躍してくれるのがサンプラーとの少しの違い。
その絞り込んだ細いテールはサイズが上がって来れば、トップターンやカットバックを行いやすく、フェイスに深いトラックを描きながらカーブさせられるのが特徴です。
ワイデストポイントが前にあるややクラッシックなアウトラインは滑り出し早く、サーフィン歴の長い方に人気の個性的なショートボードです。
細身のテールにはツインスタビライザーが良く合い、スピード性は上がり、さらにシャープなカービングを楽しんでいただけます。
サンプラーと異なり、レングスを長くしても性能を損なう事は無く、オーバーフローで選ばれても細いテールはコントロール性が重たすぎてしまう事がありません。
年齢と共に少し長めのショートボードが必要と感じている方や、
ノーマルなショートボードを長年使い、サーフィンに変化と新たな刺激を求めている方にお薦めのモデルはロケット9です。

◇ツインフィン
まだまだ使われている方が少ない、最新型クラシックツインフィン。
すでに使われている方と僕自身もこのサーフボードを手放す事は無いと言えるモデルです。
全モデルの中でも最速であり、クラシックなアウトラインに現代的な最新のロッカーにアップデートされているので、強いドライブ感とカービングを楽しんでいただけます。
大きいサイドフィンとセンターに小さなトレイラーフィンの仕様なので、トライフィンだけを使っていた方は、最初のターンでテールが滑ってしまうかもしれませんが、体重の使い方が分かり、軸の移動が明確にできる様になればステップアップに繋がるサーフボードでもあります。
ツインフィン仕様なので、初心者の方よりは、経験の長い方がこのモデルは楽しんでいただけ、サーフボードの進化を実感していただけると思います。
クラシックなフォルムにスムースで強力なエンジンを搭載した乗り物を求める大人の方にお薦めなツインフィンです。

◇フィーバー
日本で開催されたWQSで外人選手が使い優勝したニューモデルのフィーバー。
ラインナップするモデルのの中では長めのレングスになり、日本の波ではハラムネサイズからオーバヘッドまで活躍してくれるパフォーマンスモデル。
細めのノーズエリアからは想像できない滑り出しの速さがあり、テイクオフからインサイドセクションまで、全てのパートで新しいサーフボードの性能を楽しんでいただけるモデルです。
近年主流となる短いレングスのパフォーマンスボード、久しぶりに3インチ長い身長と同じぐらいのモデルを使うと、ターンの伸びは良く、浮く様なスピード感を味わえます。
コンテスト志向の方には得点を出しやすいボードデザインであり、アクションを好む方にお薦めのニューモデルフィーバーです。

◇ブラックアンドホワイト
フィーバーと同じく、日本の波にフィットする長めレングスのパフォーマンスモデルであるブラックアンドホワイト。
ツアー選手が使っているフルロッカーのルーク15とは異なり、控えめなロッカーとやや広めなノーズエリアは日本の波との相性良く、癖が無くとても扱いやすいモデル。
ベーシックでスマートなアウトラインのブラックアンドホワイトですが、こちらもデーンレイノルズがデザインしているだけあり、トップアクションでのテールのリリース感は素晴らしく、ツアー選手も使うハイパフォーマンスモデルと言えます。
長めのレングスは加速性能がアップしていて、パフォーマンス性の良さは乗り手をサポートしてくれるサーフボードです。
体力が落ちている方にはレングスを長くして浮力多めのサイズを選んでいただけるタイプになり、
昨年のオーダーフェアーでも、幅広い年齢の方から最もご注文が多かったのはこのブラックアンドホワイトになります。
サンプラーやロケット9など短めのパフォーマンスボードではやや体がきつく不安、
ショートボードを続けたいが、身長よりも長くしてテイクオフを楽にしたい、
体力的、年齢的に長めのショートボードを探している、
1本で小波から大きい波まで使えるメインボードが欲しい、
大きい波を好み、安心感あり信頼できるボードでテイクオフしたい、
この様な方にお薦めのブラックアンドホワイトです。
レイトモデルであるOGフライヤーとネックビアードラウンドテール。

様々なデザインのサーフボードがラインナップするチャネルアイランズ。
サーフィンのレベル、年齢や体力などに合わせたサイズ選びがとても重要になり、同じモデルでも選択の仕方で使い易さは大きく異なってくるのが現代のサーフボードです。

波に乗れる本数が満足していなければホグレット、小波でも楽しむならハイファイブとビスケットボンザー、日本の平均的な波で活躍する1本ならサンプラーとロケット9、アップデートネックビアード、個性的でハイパフォーマンスならツイン、テイクオフが楽な長めならフィーバーとブラックアンドホワイト、レイトモデルのOGフライヤー。

適切な道具選びを行い、休日のサーフィンを楽しんでください。

01111rincon年齢と向き合うサーフボード

4modelJOE-HIGH5-PODMOD-MINI


ウネリ弱い月曜日。

南西の風が吹き、波のサイズはコシ。


OGフライヤー



エクセレントなブレイクをする土曜日の千葉外房。
アタマオーバーの三角波。
セットの間隔がしっかりとあるので、ゲッティングアウト可能。 東南東がメインのウネリ。 時々ワイドでややハードですが、風向きがぴったりと合い素晴らしいコンディション。 本日はイベント出席のため15時閉店になります。
南向きのポイントもサイズアップしています。
OGフライヤー
HERITAGE SERIES OG FLYER 1999年登場のフライヤーと新しく登場するOGフライヤー。
当時のワールドツアー選手が弱い波の時でも活躍してくれるサーフボードとして開発されたのがフライヤー。

日常使いに適した浅いシングルダブルコンケーブ。 テールエンドに向けての浅いVEE。
アルのシンボルでもあるバンプスカッシュテール。
微妙にピークノーズと少しダウンレール。 ツアー選手も使っているOGフライヤー。
しっかりとしたボーリューム感があり、サンプラーでは短いしブラックアンドホワイトでは長すぎる、パドリングも楽で万能なメインボードをお考えならOGフライヤーはお薦めです。



 


ネックビアード ラウンドテール



冬の気温になっている月曜日。
東のウネリでサイズアップ。

波のサイズはカタ〜アタマ。
風が冷たく、スキンタイプのフルスーツが欲しくなります。
今夜をピークにウネリがアップしそうです。

特徴的なチョップドテールで登場し、好き嫌いがはっきり出ていた初代のネックビアード。
見た目が嫌いという意見も多かったですが、初めて乗った方の多くが、その調子の良さに目を丸くして興奮して感想を話していた名作のネックビアード。

僕自身もそうですが、このネックビアードを使い始め、長年のサーフィンが変わった、沢山乗れて楽しくなったという方はとても多く、ボードのレングスが短くなり、驚くほど早い滑り出しと誰もが扱いやすいコントロール性能は、ここ10年のサーフボードの進化でも最もキーポイントとなっているモデルでもあります。

今だに続く人気モデルのネックビアードがテールエリアがファインチューニングされ、日本限定デザインで再び登場します。
サンプラーよりも広いノーズエリアとハイファイブに近い幅広のテールエリアを持つネックビアード。

この名作モデルは、ハイファイブとサンプラーの中間に位置し、幅広のテールエリは力強い滑り出しをし、新しくラウンドにシェイプされたテールは以前のチョップドテールよりもさらに日本の波マッチした軽い動きを可能にしてくれます。

日本の平均的なコシムネサイズの波の休日に、ハイファイブでは短すぎるしサンプラーではパフォーマンス色が強すぎるとお悩みの時は、このネックビアードがいいとこ取りでおすすめです。

11月に入ると日本に完成品が到着予定になっていて、モアナには5’6″、5’7″、5’8″の3サイズが入荷予定ですので、ご予約受付けています。


年齢と向き合うサーフボード-3



夏のような気温の水曜日。
西の風と東のウネリが続き、波のサイズはカタ〜アタマ。
明日まで南西の風が続き、金曜日から北寄りの風に変化しそうです。

幅広い年齢の方が楽しむ現在のサーフィン。
2020年のオリンピック種目にも選ばれ、
若い方から60歳、70歳の方も没頭してしまう魅力あるスポーツ。
2016年タヒチのコンテストでは、当時44歳のケリースレーターが優勝。

様々な環境の方が楽しめる現代のサーフィン、
その元になっているのはサーフボードの進化があります。
10年前のサーフボドとは比較にならない進化をしていて、大きなターニングポイントになったのは6年前に登場したネックビアード、そして誰もが1本目のライディングから興奮してしまう4年前に登場したニューフライヤー、それ以降のサーフボードはみな高性能になり、滑り出しはさらに早く、誰もが休日のサーフィンを楽しめるデザインになっている最近のサーフボード。

昨年登場したサンプラー、ブラックアンドホワイトそしてツインフィン、ロケット9は、どれも推進力が向上していて、最高速度が上がっている事を実感できます。

高性能になったサーフボードはアクションが行いやすくなり、誰もが波のフェイスを自由に走れる性能を備えるようになっています。
そして最も一般のサーファーにとって高性能が影響しているのは、加齢や忙しい仕事での運動不足のハンデをサーフボードが十分補ってくれる点です。

30年40年と長年サーフィン楽しまれている方も現在は50〜60歳近く。
まだまだサーフィンを続けられますが、体力の低下は逆らえないところです。
01111rinconカリフォルニアのリンコンの様なポイントブレイクでドルフィンスルーも少なくピークに到着できる場所が少ない日本のサーフポイント事情、ビーチブレイクが多い千葉周辺のサーフポイントも常にドルフィンスルーを行いながら波を捉える行動を繰り返し、良いピークを探さなければならないのが現実です。
この作業は若い時も歳をとっても変わらなく、幾つになってもキープパドルとご自身に合ったベストサイズのサーフボードがサーフィンには必要になります。

昔からサーフィンを続けている方はショートボード世代、体力が落ちたからと突然ロングボードに変えても、扱い慣れていない大きなロングボードは逆に体力を消耗してしまいます。
取り回しのラクな4ドアセダンの乗用車から大型トラックに乗り換える様な感覚です。

体力の衰えを感じた方が、ボードのサイズを大きくアップさせて苦戦している姿を見かける事が多くなった最近、急激なインチアップは慣れ親しんだご自身が乗るべきピークポジションも変化してしまい、強い浮力アップしたボードはフェイスを滑り降りる前に浮かび上がってしまい、逆にテイクオフを遅らせてしまう現象が発生するため、強浮力に合わせた新たなピーク探しから始めなければならなくなります。

年齢と共に低下してしまう体力や筋力、現在は性能の良いショートボードが多くなり選択肢が広がった事で、ご自身の体力と技術をしっかりサポートしてくれます。
レングスや浮力のアップなど少しの変化で劇的に毎週末のサーフィンが楽しくなってしまうのも最近のショートボードです。

しっかりと年齢や体力と向き合い、正確なサイズのボード選びがサーフィンを長く楽しむ秘訣だと思います。

今春、カスタムオーダーが出来上がってきた、60歳になる3名の方のボードをご紹介します。
ご紹介する3名の方は、40年間続くサーフィン仲間であり、オールシーズンサーフィンを楽しまれています。

モアナには2年前のボードご注文から来店していただき、今回のカスタムオーダーまで様々なご相談を行いながら、僕自身も年齢と向き合うサーフボードについて良い勉強になっているお客様です。

鈴木さんのカスタムはブラックアンドホワイトの6’2″容積は31.4L。
それまで使っていたのはニューフライヤーの6’1″ 35.3L。

山中さんがカスタムされたロケット9は6’0″容積は32,4L。
2015年に山中さんがカスタムされたのは6’3″のニューフライヤーで容積は37,5L。

伊藤さんのカスタムはSKのスピードボール6’0″容積は33L。
以前使っていたのはクリステンソンの6’3″容積は40L。
伊藤さんは前回出来上がった33LのSKが使いやすく、最近さらにレングスを短くして出来上がったロケット9は5’11″で容積は30,4L。
取り扱いが楽になり、滑り出しも十分な早さ、ベストサイズと感想をいただいたロケット9。

60歳の記念にみなさんがオーダーされたボードは、全てサイズダウンされている事に注目してください。

年齢が進むと共に、ボードサイズを上がれば大丈夫という考えから
現在のサーフボードの性能にお身体の大きさを考慮して、さらに楽に沢山の波に乗れ、サーフィンのライディングをキープできるサイズ選択をされています。

現在のサーフボードは平均のレングスが全て短くなっているので、20年前に皆さんが使っていた長さはあまり必要なくなってきています。

ご自身の体でホールド出来ない強い浮力は、波に巻き込まれる可能性を高めてもしまいます。
これは年齢だけでなく、軽量な女性や筋力の弱い男性にも該当すると思います。
レングスを長くした方がやはり滑り出しの部分では有利になりますが、浮力は体重に合わせた調整が必要になります。

今回出来上がったカスタムボードはとても満足していただき、お話をしているとサーフィンが若返っているのが伝わってきます。

現在のサーフボードには容積表示をされた物が多くなっています。
ご自身の体重に対して容積をどのぐらいにすると、どのような浮力感になるのか、
アウトラインや使われる素材によって違いは出てきますが、下記の5段階を数値にして求める事ができます。
1、簡単に沈められる
2、やや沈めるのが大変
3、波数が多くなると沈められなくなる
4、1回だけなら沈められる
5、ほぼ沈める事が出来ない

様々な容積のサーフボードを使い、体重に対して数値を出せるようにしましたので、カスタムオーダーの時にぜひ相談してください。

年齢や体力と向き合うサーフボードのレングスと浮力の関係、ムリがなく扱いやすいサーフボードを手に入れて休日を楽しんでください。

今年も11月からカスタムオーダーフェアー開催予定です。


 

 

 

 


ロケット9


西風が吹く連休明けの火曜日。 オフショアの良い波。

朝の満潮に近い時間がロングライドできるコンディション。

波のサイズはカタ〜アタマ。
夏の日差しと乾燥した空気、秋の良い波が続く千葉南。 海水はとても暖かく、今日はトランクスにタッパーで大丈夫。 今朝はロケット9でサーフィン。