日別アーカイブ: 2014.08.23

大人のフレッドラブル


IMG_6648 日の出前は強い雷雨があり雲が多い土曜日の朝。
IMG_6652 昨日より少しサイズアップして、波はコシハラ。
IMG_6654 フェイスを走れるコンディション。
IMG_6656 涼しく過ごしやすい気温です。
IMG_6636 身長174cm、体重82kgの方のフレッドラブルカスタム5フィン、6’0″×19 7/8″×2 7/16″ 30.06L 。

大人のフレッドラブル、昨日のLサイズボードにも該当しますが、身体に合わせたサイズから2〜3インチ長くして、体積も増やしたフレッドラブル、頼りになり信頼関係を築けるサーフボードになります。

サーフィンを長く楽しんでいる大人であれば、サイズの上がった時こそクールに奥のピークからテイクオフして、スタイリッシュに波に乗りたいという願望がありますが、実際は体力の衰えでピークに近づけないという本音の部分もあるのではないでしょうか。

CI社で大きい波用のボードというと、プルトンのステップアップになり、このモデルは強いフルロッカーでノーズが細く、インドネシアやタヒチなど底掘れするようなホローな波に適したモデルに出来上がっています。
昨年まで僕も使っていましたが、普段使うタイプのボードには無いノーズの細さが、逆に不安感になっていたので、春にサンタバーバラのCI本社で、日本人に合い、日本のビーチブレイクがサイズアップした時に使え、たまのインドネシアトリップにも活躍するモデルは何?という質問の回答がこのフレッドラブルのストレッチタイプ。

ケリースレーターが何年もコンテストで使っている事からも、このフレッドラブルは信頼度の高いモデルになり、既に使っている方からもマジックボードという評価を多く得ているサーフボードです。
このマジックボードというのは、調子が今までに無く良いというだけでなく、ホローな波で完全にパーリングだろう、というぎりぎりのテイクオフの場面で、気がつくとボードはフェイスを滑り降り次なるターンに入っているという、マジック指数です。

サイズアップした時、最も緊張しスムースにクリアーしたいのがテイクオフ、フレッドラブルはノーズ幅が広い事で、普段スモールコンディションが多く、大きい波に慣れていない日本人にとっても、安心感の強い信頼度の高いテイクオフを可能にしてくれる事から、2〜3インチアップしたフレッドラブルは最高のサーフパートナーになります。

体積をアップする事で、小波にも十分使えるので、メインボードとしても幅広く使う事ができ、ショートの形は好きだけど体力の低下で短いのはムリという方、サーフィンを始めたばかりで、ファンボードからショートにトライしたい方、大きいライン取りを練習したい方などにおすすめできます。

オーバフローに作るので、テールはやはりラウンドの細身にし、5フィンセットにしてクワッドで高速のセクションを抜けてください。

IMG_6638 カスタムでのみ使えるタイダイHEX。
IMG_6900 5フィンセッティングにした場合、現在オススメはシェイパーズ社が販売しているフィンセット。
5枚セットで13,000円税別です。
IMG_6899 僕のフレッドラブル6’0″×19″×2 3/8″。