カテゴリー別アーカイブ: gimmick

ギミックのミッドレングス


オフショアの土曜日。

波のサイズはムネ。

南西ウネリの左右に乗れるファンウエーブ。
ウエットスーツは薄手のフルスーツ、日没まで風向き良さそうです。

今週のギミック到着は後藤さんのミッドレングス6’5″。
ドルフィンスルーで沖に向かえる容積37リットルのシングルフィン。


ニューボード



雲が多い曇り空の日曜日。

波のサイズはコシハラ。

サイドの風を受け、ヨレのあるコンディション。
ウエットスーツは薄手のフルスーツですが、やや水温下がり寒く感じます。

ニューフライヤーをお使いの田中さんのニューボードはサンプラーの5’6″。
ギミックのミッドレングス6’5″が出来上がった60歳の伊藤さん。
中型のSUV車に積め、沢山のれるレングスとドルフィンスルーができる容積、サーフィンの新しい世界が広がるサーフボードです。


良い波とニューボード


暖かくなり良い天気と波に恵まれる日曜日。
弱いオフショア。
クリーンなコンディション。

波のサイズはカタ〜アタマ。
左右にロングライドできる波。
東南東からのウネリ、今日は夕方まで風が止まってそうです。ウエットスーツは薄手のフルスーツ。 お昼が干潮。
ホグレットの5’7″をお使いの岸さんは65kg、新しいパフォーマンスボードはOGフライヤーの5’9″。
キャンペーン中のプレゼントは本体価格10,000円引きとデッキパッドのDセット。
仙台からお越しの大宮さん、お身体大きくOGフライヤーは5’11″。
キャンペーン中のプレゼントはFCS2 AMフィンとデッキパッドのBセット。
ニューフライヤーをお使いの鎌谷さんの小波用ボードはギミックのビジターモデル5’6″。
キャンペーン中のプレゼントは、デッキパッド、リーシュコード、ニットケースのAセット。
身長より少し長く、女性が持ちやすい薄いレール、容積は25リットル。
パフォーマンスショートボードをお使いの方にオススメの小波用モデル。

年末年始サーフボードキャンペーン開催中


ミッドレングスの重量


冷たい北風が強く吹く火曜日。

干潮前はコシムネの波。
ウエットスーツはスキンタイプの薄手フルスーツがおすすめ。
干潮以降はウネリアップして、時々アタマサイズの波。
今朝もギミックのミッドレングス6’5″でサーフィン。
北風が強く、海面がガタガタになってしまった午前中。
重量を重くしているギミックのミッドレングスは、海面のコブに影響される事もなく、フェイスが出れば驚くほどのスピードで走り抜けて行く事が可能です。

ベストなピークに入れば、少ない回数のパドリングで滑り出し、その後は自重を生かしてボトムへ向け一気に加速していき、その加速はショートボードでは味わえないスピード感です。

重みがありフラット気味のロッカーと、ダブルコンケーブの中にVを入れた特殊なボトム形状は、周りのサーファーがびっくりする様な速度でフェイスを走り抜け、スピードが出ているのでライディング距離も圧倒的に長くなってきます。

6’5″のミッドレングスの重量は、シングルフィンをつけた状態で4.085kg。
この重量はノーマルなショートボードよりも1kg以上の重さになります。
5’9″のOGフライヤーの重量は2.79kg。

EPSフォームのスパインテック5’10″は2.53kg。
いつもお使いのショートボードから目線を変えて、少しだけレングスを伸ばして重みを増したサーフボードはテイクオフからインサイドセクションまで、全てのパートで新鮮な楽しさがあります。

 


良い波とミッドレングス



曇り空の月曜日。
朝から無風が続き、とても良いコンディション。 東南東からのウネリになり、長いレフトブレイク。
波のサイズはムネカタ〜アタマ。
クリーンで良い波。

時々ライトブレイクもあり。
海水はとても暖かく、薄手のフルスーツがやや暑く感じます。

今朝はギミックのミッドレングスでサーフィン。


ギミック



北北東の風が強く気温低くなった日曜日。

風の影響を受けたコシムネサイズの波。
ウエットスーツは薄手のフルスーツ。
そろそろオールジャージのフルスーツよりもスキンタイプのウエットスーツが欲しくなります。

現在開催中のボードキャンペーン。
ギミックのお勧め2モデルをご紹介します。
どちらも楽に多くの波に乗れる事に特化したデザインになり、膝腰サイズから頭近くのサイズまで使える万能なサーフボードです。 左はEPSフォームを使ったビジターモデル、レングスは5’8″。
ギミックの基本価格は110,000円税別、EPSチャージ30,000円、レジンカラー17,000円。
合計金額157,000円税別。
レジンカラーでの着色無い状態は140,000円税別。
EPSフォームを使わない、PUフォームでのカスタムは110,000円税別。

ワイドなアウトラインにEPSの組み合わせは、乗れない波が無いのではと思うほどの性能を持ち、ノーマルのショートボードでは乗れない弱いウネリでもパドリングを始めればスルスルと滑り出して行く事が可能です。

身長に近いレングス設定はバランス良く、ターンを行い易いテールロッカーにチューニングしていますので、ただ沢山の波に乗れるだけでは無く、早いテイクオフから連続したスムースなターンを行え、リップアクションも可能なサーフボードです。

軽いEPSフォームは推進力も強く、緩慢なセクションを乗り繋げて行くのでライディング距離は長くなり、サーフィン後はとても高い満足を感じていただけます。

細身のショートボードでは身体がキツイ方、現在よりもう少し多くの波に乗りたい方、小波用ボードを探している方、沢山乗れてリップアクションも大好きな方、などにお勧めできます。


ギミックのミッドレングス 6’5″。
ギミックの基本価格110,000円税別、レングスチャージ10,000円、レジンカラー17,000円
シングルBOX5,000円、合計金額142,000円税別。
レジンカラーの無いクリアーの状態では125,000円税別です。

ビジターモデルはEPSフォームを使い、軽く浮力をアップさせて強い推進力を得ているのに対し、
ミッドレングスはノーマルのフォームを使い、レングスを長く、6ozのクロスをデッキに一枚使う事で重量をやや重たくして滑り出しの速さとスピードを得ているタイプになります。

最近のショートボーダーには馴染みの薄い195cmの長さ6’5″。
この長さはロングボーダーに近い位置からテイクオフが出来、ダンパー気味の早いセクションも猛スピードで走り抜けていける楽しさがあります。

レールはミディアムテーパーになり、細く絞り込まれたテールは回転性が良く、縦に上がるリップアクションも可能です。

フィン設定は、スピードの出るシングルフィンからクイックなツインフィンを使っていただけ、
シングルフィンに抵抗がある方はノーマルなトライフィン設定も可能です。

ノーズ形状は写真のタイプの他にノーズライドも行い易くなる丸いラウンドも選んでいただけ、テール形状もお好みで変えていただけます。

あまり乗り慣れていないレングスだからこそ新鮮な驚きが多く、ショートボードでは乗れないピークから滑り出し、セクションを乗り繋いでロングライドできる能力は特に優れ驚いていただけるサーフボードデザインになっています。

2〜3本お持ちの身長に近いショートボードもレングスの違いは10cm前後4”〜5″が多いと思います。
これを身長から20cm長くする事で、使える波のフェイスと距離は一気に広がり、長年楽しんでいたショートボードだけの領域が大きく変化する事を感じていただけます。

お身体の大きさや体重に合わせて、レングスと容積の調整を行い、ショートボーダーが使われる長めのボードとして重要なドルフィンスルーで沖に向かえるサイズにしている事もお勧めのポイントになります。

最近のショートボードでは、明らかに乗れる本数が減ってしまい、年齢と共に楽なサーフボードをお探しの方には是非使っていただきたいミッドレングスのサーフボードです。

6’5″という長さには理由があります。
長年ショートボードを楽しまれた方が、ボードの大きさの変化をあまり気にならなく、取りまわし易く馴染み易いレングスであり、直ぐに多くの波に乗っていただけます。

195cmのサーフボードは中型車のシートを倒せばすっぽりと入る長さになり、3本のサーフボードと3人で海に向かう事が可能です。
階段などでも旋回し易く、マンションのエレベーターにも入り、ご自宅でも垂直に立てて保管できる長さです。
ロングボードの様に車を乗り換えたり、保管場所に悩む必要がありません。

二つのモデルの長さとアウトラインは、チャネルアイランズのラインナップにも無いデザインになっていますので、とても新鮮な乗り味を楽しんでいただけ、現在波に乗れる本数が充分でない方にとっては大きな変化と満足感を得ていただけます。


台風の波とギミックEPS



早朝は干潮になりウネリの入りが悪かった火曜日。

朝はモモコシ、9時からは整ったムネカタの波。

弱いサイドオフショアのクリーンな海面。
レフトライトにとても長く乗れる、今夏一番のファンウエーブ。

海水は暖かく、トランクスにタッパー。

ピークは5人〜10人、印象に残る火曜日のサーフィン。
明日からは南風、波があり暑い夏がまだまだ続きそうです。
ギミックのビジターモデルEPSで長いライトブレイクに乗る石橋さん。

今朝はギミックのビジターモデルEPS 5’8″でサーフィン。
ワイドなノーズエリアとフィッシュテールが組み合わされたアウトラインのビジターモデル。
EPSフォームとの相性良く、細身のショートボードでは乗れないであろうウネリでも、強烈な推進力で滑り始め、消えそうなセクションを乗り繋げていける性能を持っています。

テールロッカーとコンケーブを改良して進化させていますので、沢山乗れるだけでなく、トップアクションからカットバックまで全ての動きがスムースに連動する様にチューニングされています。

沢山の波に乗れる楽しさをたっぷりと味わえるサーフボードデザインです。

ギミックのミッドレングス 7’0″ EPSが出来上がった渡辺さん。