カスタムボード到着



弱いウネリと南風の水曜日。

連休前にご注文のカスタムボードが6本到着しました。
宮下様ブラックアンドホワイト、鹿久保様ブラックアンドホワイト、積田様ツイン、
多部様ツイン、木村様ミニ、鈴木様ロケット9。
検品後にご連絡いたします。


ハイファイブ


良い天気と南東の風が吹く火曜日。
朝はまるで乗る場所がないダンパーブレイク、干潮以降にコンディションアップ。
波のサイズはハラムネ。
海水は暖かくないです。
今朝はハイファイブでサーフィン。
いつ使っても調子良い、安心と信頼のハイファイブ。

今朝一緒にサーフィンした石橋さんのハイファイブ5’4″は25,4L。
僕と石橋さんは、ハイファイブの大ファンです。


カスタムボード到着


弱いウネリと薄曇りの月曜日。
波のサイズはコシハラ。
海水温度は低め。
ミニの5’8″が届いた草野さんご夫婦。
奥様も持ちやすい幅と厚みにした容積は28.5L、とても使いやすそうなミニになっています。
6’3″のニューフライヤーから6’0″のロケット9にサイズダウンされた60歳の山中さん。
容積は32,4L。
体重56kgの田端さんはサンプラーの5’6″、サイズ調整を行い容積は24,7L。


ビスケットボンザー


ややサイズアップした日曜日。 波のサイズはコシハラ時々ムネ。 海水は冷たく、まだブーツを使用。 弱いウネリにも強い推進力で楽しめるビスケットボンザーで3日連続サーフィンの今朝。

ボンザーシステムは難しいですか?というご質問を多くいただきますが、むしろトライフィンよりもサーフボードを走らせる事とドライブさせる事は容易だと感じます。

フレックス性能が良く大きいセンターフィンとサイドの4枚のフィンは、ドライブとターンの補助をしてくれ、トライフィンでは走れないフラットなセクションでもパワフルに走ってくれる楽しさがあり、まだ横にうまく走れない方や、ターンの練習をしている方にもこのボンザーシステムは良い手助けをしてくれると思います。

ボンザーシステムのサーフボードは上級者の乗り物という印象があり、実際良い波でのスピード感とドライブ性はトライフィンには無い楽しさがありますが、まだサーフィン歴の浅い方にも強い安定感のボンザーシステムはお勧めできるのではないでしょうか。

とてもおすすめなボンザーシステムですが、まだメーカー在庫は1本も無く、入荷待ちの状態です。

4枚のフィンは手作業での仕上げの為、作業時間が通常よりも長くかかり、出来上がり本数も多くはないので、メーカーストックも少なそうなモデルです。

ビスケットボンザーのサイズは5’2″から2インチ刻みであり、クリアーの他にグリーン、ブルー、グレーの色があります。

センターフィンが付属されて価格は160,000円税別。

入荷量が少ないモデルですので、早めのご予約かカスタムオーダーがおすすめです。


ストックボード到着



ウネリの弱い土曜日。

どうにかコシハラサイズの波。
海水は変わらずとても冷たく、グローブが欲しくなる温度。
今朝もビスケットボンザーでサーフィン。
乗り味の楽しさから、病みつきになってしまうサーフボードです。

サンプラーの完成品ストックボードが届きました。

本日北海道に発送される松井様のサンプラー5’10″。

サーフボードの全国発送行っています。
お探しのモデル、サイズ等ありましたらご相談ください。

佐川急便 を利用したサーフボードの配送料金は5,500円〜6,000円になり、離島は別途料金が必要になります。
乗れる本数を増やす為、ネックビアードの5’5″からレングスを伸ばして5’8″のサンプラーに変更の越川さん。


ビスケットボンザー



無風と弱いウネリの金曜日。
干潮前後2時間は楽しめるコシハラの波 海水はとても冷たく、冬用ウエットスーツとブーツを使用。 今朝はビスケットボンザーでサーフィン。

感心するぐらいよく走るビスケットボンザー。
ホローなフェイスでも弱いウネリでもグイグイと、スタンダードなトライフィンでは味わえない走りを体感させてくれます。
岸よりのヒザぐらになったウネリでも走り乗りつないで行ける楽しさ。