日別アーカイブ: 2018.06.28

新しい夏のアイテム



気温高く強い南風が続く木曜日。
ウネリは弱いまま。

サーフィン出来る場所で、波のサイズはコシハラ。
10時30分が干潮の大潮。
来週からは本格的に紫外線が強くなる7月。
ウエストスーツから夏場専用のオール2mmウエットスーツが登場します。
寒い時期の防水性を高めたフルスーツと違い、ネックパーツを無くしスーツ内に浸水がある事で体が熱くなり過ぎる事を防ぎ、全身を強い紫外線から守れるアイテム。

首から入った海水は足首のリーシュコードを装着した上のドレインホールから抜け出る仕組み。
ネックパーツを無くした事で、首周りの暑苦しさはなくなり首自体の動きも軽く感じます。
日焼け止めを塗っても残ってしまう、くっきりと首の真ん中にできる日焼け跡を防げるので、
お仕事でワイシャツを着ている方には特にお勧めのデザインです。

ネックパーツが無いウエットスーツは、首がスッキリと長く見え、着ている姿もスタイリッシュに見えるのもポイントです。
身体の冷えと日焼け防止ならフルスーツが一番ですが、そこまでは必要ない方には、長袖半ズボンのインディアンサマーのタイプがお勧めできます。
長年の日焼けの蓄積でシミなどが出やすい腕部分、長袖タイプにする事でクラゲ避けと日焼け防止の両方を備え、ネックパーツ無しオール2mmのインディアンサマーは軽く、バックジップタイプは暑い日の着脱も容易です。

夏場の汗で湿った肌はウエットスーツの滑りが悪くなり、着にくくなってしまいます。
ウエットスーツが乾いた状態で、手首足首から専用のシリコンスプレーを噴射していただく事で解消できます。

現在出来上がりまでのお時間は2週間。
採寸履歴のある方は、お電話でのご注文も承っております。