月別アーカイブ: 2015年10月

曇り空


1031 - 1 オフショアの土曜日朝。
1031 - 2 雲が多くなり左から強めの風。1031 - 3
波のサイズはハラムネ。


冬のウエットスーツ


1030 - 1 弱い北風の金曜日。
1030 - 2 海面は整いクリーンなコンディション。
1030 - 3 波のサイズはムネ〜カタ。
1030 - 4 楽しめるピークが増えた千葉南。
タイドに合わせてポイント選びが必要です。
1030 - 5 ウエットスーツは薄手のフルスーツ。
1030 - 6 風向き良い週末になりそうです。
1030 - 2 (1) ウエストスーツ最新の伸縮発熱素材、EX BOIL使用で出来上がった伊藤さんの
WGD-HEATER 5/3mmマイクロZIP仕様。
オプションのデザインジャージ3,000円を使い、113,000円税別。
1030 - 1 (1) 右肩が閉じた非対称構造をもつC-ZIP。
ハーレーの高い防水性とフィットネスを実現した、宮本さんがオーダーされた
FUSION C-ZIP 冬用オール3mm
右モモに入った2本のストライプはオプションで6,000円、合計金額100,000円税別。
1030 - 3 (1) 今冬注目度の高い伸縮発熱素材が使われたオニールのサイコZEN ZIP。
川西さんがオーダーされたのも冬用オール3mm バックZIP。
オプションのデザインジャージ3,000円を使い合計金額は95,000円税別。

ウエストスーツはエクストラボイル、オニールはファイヤーウオール22、名称は違いますが2社だけが今季使う伸縮発熱素材は同じ会社で作られていて、伸縮を繰り返す限り永続的に発熱する他に下記の多くの機能が備わっています。

・中空ポリエステル
糸の中に大きな空洞を作り、繊維そのものの中に大量の空気を閉じ込めた構造なので軽く暖かい。
・吸湿発熱ポリエステル
体から発散される汗などの水蒸気が繊維に吸着した時に熱を放出する。
・ナイロン蓄熱糸
蓄熱と速乾性が強いので体温保持にすぐれている。
・消臭糸
不快臭の分子構造の一部を破壊し、繰り返し分解消臭をする。

これだけの機能が全て織り込まれた最新起毛素材です。

冬用ウエットスーツの性能が向上し、従来の5/3mmではなく、オール3mmをオーダーされる方が増えています。
オール3mmで出来上がった見本が店頭にありますので、ぜひその軽さを実感してみてくださ。
1030 - 1 (2) 佐藤さんがオーダーされたのもオニールのファイヤーウオール22を全身に使ったサイコゼンZIP 。
脱着の簡単なバックZIPをオーダーされる方が多いのも今季の特徴です。
防水性のあるZIPを背中に配備されたモデルは、寒い冬場に女性や身体の大きい方の脱着を簡単にしてくれ、再び注目されているデザインです。

1030 - 5 (1) 豊田様、高橋様、千葉様
ウエットスーツの修理が終わりました。


冬用ウエットスーツ


1029 - 1 北風が強い木曜日。
1029 - 2 波のサイズはムネ〜アタマ。
1029 - 3 ライト方向が良いブレイク。
1029 - 4 風が冷たくなったので、ウエットスーツは薄手のフルスーツ。

0918FRIウエットスーツオーダー - 1 冬用ウエットスーツオーダーフェアー開催中。
通常、本体価格にプラス10%の料金が追加される全身採寸フルオーダー料金。
モアナでは11月末まで開催のオーダーフェアー中、フルオーダー料金が無料になります。

取り扱いメーカーのカタログは、全ページこちらでご覧になれます。
ウエストスーツ、オニール、ハーレー
1009 - 2 (1) 毎冬12月には使い始める冬用ウエットスーツ。
現在製造工場は混雑のピークに入り、ご注文から出来上がりまでのお時間は4週間になっています。

高品質ウエットスーツ

1029 - 5


オフショア


1026 - 1 オフショアで整ったウネリが届く月曜日。
1026 - 4 朝の波のサイズはムネ〜アタマ。
1026 - 5 東のウネリは長いレフトブレイク。1026 - 3
気温低くなり、ウエットスーツは薄手のフルスーツ。
1026 - 8
10時にはウネリ弱まり、ムネ前後の波。
1026 - 2 急激にサイズ下がってしまいました。1026 - 7
今朝はバニーチャウでサーフィン。
1027-1 午後は気持ち良い陽射し。
1026 - 9


良い天気の日曜日


1025 - 1 オフショアが強い日曜日の朝。
1025 - 4 サイズ下がりコシムネの波。
1025 - 2 暖かく良い天気のお休み。
1025 - 5 海水は暖かく、風が冷たいのでウエットスーツは薄手のフルスーツ。
1025 - 6 今朝はフィンを変えてポッドモッドでサーフィン。

人気のアベレージジョー、ハイファイブに続き登場したアルメリックの小波用モデル、ポッドモッド。
ワイドなノーズはハイファイブと同じ滑り出しの早さがあり、絞りこまれたテールはアクションを得意とするサーフボードデザインいなっています。
普段はノーマルなショートボードを使い、すでに縦のリップアプローチなどアクションを好まれるサーファーの小波対策として満足度の高いモデルです。