月別アーカイブ: 2013年9月

高品質ウエットスーツ


モアナーウエストスーツ 北東のウネリが続き、今朝もアタマ前後の波。モアナーウエストスーツ 昨日よりもウネリが整い綺麗なコンディション。モアナーウエストスーツ 風は北から北北東。モアナーウエストスーツ 少しボリュームの多いサーフボードの方が、サイズある秋の波を楽しめます。モアナーウエストスーツ 風が急に涼しくなり、朝夕はフルスーツを着たくなる季節。
あと数週で本格的にフルスーツが必要になる千葉の海。

moana-westsuits今冬用に見本として僕がオーダーしたウエストスーツの5/3mmフルスーツWFD-HEATER2 COMP MICROZIPモデル(左)¥102,000税別。右は昨年の冬に活躍してくれたWFD-BOIL MICROZIPモデル ¥83,000税別。moana-westsuits継続されたとても評判の良いモデルなので、大きなデザインの変更はなく、安心してフルオーダーできるタイプ、今年は生地をバージョンアップして、昨年のBOILから新素材のWGFSで作ってみました。
moana-westsuits
2枚を裏返しにした、左がWGFS、右がBOIL。

昨冬に一番ご注文数が多く、晴れて風が弱い日にはクラクラするほど保温力にすぐれたボイル素材、
使われた方も驚く暖かさがあり、ブーツを履けば冷えを感じにくいモデルです。westsozai 熱持続性が強く、伸縮性を大幅に向上させ、30%軽量化されたWGFS素材。
この素材は、運動性重視のRX生地に近い伸びがあります。

 

westmicrozip 保温力の強い素材の効果をさらに上げてくれるのが、ウエストスーツのマイクロジップシステム。
短い防水ジップが胸部分にあり、首の付け根までパネルがある事で、ドルフィンスルーやワイプアウト時の海水浸入がほぼありません。
ハードなコンディションでない時には、ウエットスーツの内部は常に乾燥した状態にあり、保温素材が発熱を維持してくれので、身体の冷えを軽減してくれます。
moana-westsuits 最近のウエットスーツはどれも性能が向上し、一年目は暖かく柔らかく着やすいのが普通になっています。
寒い時期に半年近く使い、高額な冬用スーツにとって重要になってくるのが、2シーズン目の状態です。
写真右にある僕が昨冬に使ったBOIL素材のスーツ、しっかりとしたゴムの張りが残り、スーツ全体がふっくらとして型崩れを起こしていないのが分かります。
表面も出来上がりの時に近いしっとり感が残り、2年目も問題無く使用できます。

IMG_2049 良い素材が使われている事は冬場のウエットスーツには必要な事ですが、それ以上に重要なのは、その生地自体の張り合わせと縫製になります。
これは製造工場の職人の経験と技術だけです。
海の近くに住む僕のスーツは、通常の倍ぐらいの回数を使っていますが、糸のほつれや接着部分の剥がれなどは全くありません。
シーズンの終わりごろの浸水箇所や壊れた部分も0カ所でした。

お店に実際の物がありますので、ぜひ見て触ってみてください。

高品質なサーフィン用ウエットスーツです。

ご紹介したウエストスーツのWEBカタログはこちらです。

2013 WEST SUITS


AVERAGE JOE & No4


IMG_1880 完全にクローズアウトの千葉外房。IMG_1860 サーフィン出来る場所が限られる火曜日。IMG_1862 今朝の場所はムネ〜アタマオーバーサイズ。IMG_1865 北北東の風が強く、よれたコンディション。IMG_1872 海水温度はやや下がり風も涼しいので、ウエットスーツは長袖スプリング。IMG_1867

averagejoe-00 average joe 5’3″
PODのノーズとFLYERのテールをミックスしたアベレージジョー。

スパムホエールと似たアウトラインをしてるので、沢山波に乗れて楽しいというのは同じですが、パフォーマンスはクラッシックなラインを描くスパムホエール、ノーマルなショートボードに近い動きも可能なアベレージジョーと、ボードの性質は違っています。

No.4とアベレージジョーとの違いもはっきりしていて、ビーチブレイクでコンテストでも使えるパフォーマンスが可能なNo.4、パフォーマンスよりも沢山の波を楽に乗れるアベレージジョー。

長年ショートボードを使ってきた方が、年齢的や体力の落ちで波に乗れる本数が少なくなってきた時、レングスの長いタイプやファンボードにして、乗りなれた頃にやはりパフォーマンスの良さを再び求めてしまう傾向があります。

アベレージジョーはそんな方の欲求を全て補う為に、動きの良いボトム形状にたっぷりとした浮力をつけ滑り出しを速くし、短いレングスとフライヤーのテールのドッキングが軽いクイックな動きを可能にしてくれる性能を持ったモデルになっています。

ノーズは丸いですが、チャネルアイランズ社がデザインするショートレングスのサーフボードなので、見た目以上に良い動きをしてくれます。

この一本があれば、日本の平均的なコシハラ〜ムネカタサイズの波には問題無く対応でき、乗れる本数が圧倒的に増えるのは間違いありません。

averagejoe-1 浅いシングルコンケーブの中にVをつけているセンター付近のボトム形状は、No4やネックビアードとは違い、水平器をあてると左右のエッジ部分が浮いてる状態になり、浮力の強いボードの動きを良くする為の仕掛けが施してあります。averagejoe-2 サイドフィンの前からは浅いダブルのコンケーブに変化が始まりますが、ここも水平器が両サイド少しだけ浮いてしまっています。averagejoe-3 シェイパーに聞きましたが、このボトム形状の処理はとても難しく、同じものを量産するには、熟練の技術が必要のようです。averagejoe-4 エンドフィンに向かい徐々にVが強くなりaveragejoe-5 テールエンドは、ニューフライヤーのようなスパイラルVEE形状になり、パフォーマンスの良さが伝わってきます。

aberage-joe&no4

 

 


No4 & AVERAGE JOE


IMG_1854
台風の影響で大きくサイズアップ。
風も強くサーフィンは出来ません。IMG_1848

IMG_4768 台風シーズンに入る直前の9月頭、サイズの小さい波が続く時期に一週間、チャネルアイランズ社の今後日本での発売が決まっているニューモデル、ナンバーフォーとアベレージジョーをみっちり試乗してみました。
IMG_4771 サイズはアベレージジョーが5’3″、ナンバーフォーが5’7″。
averagejoe-no4
日本での発売はNo4が10月のはじめ、アベレージジョーは年末から年明けの予定。
アウトラインが特徴的な二つのモデル。

カリフォルニアのビーチブレイクでテストを行い、コンテストでも使える短めのパフォーマンスボードとして開発されたNo4。

簡単に波を捕らえる事が出来、どんなレベルのサーファーもシンプルに波に乗る事を楽しませてくれるサーフボードとして登場したのがAverage Joe。

IMG_4773 デーンレイノルズがデザインした4つ目のコンセプトボードとして登場したNo4、前のネックビアードとスパームホエールは僕の長年のサーフィン感を変えてしまうほど素晴しく楽しいモデルなので、このNo4もネックビアードの後継モデルとして、とても興味のあるサーフボードです。

試乗はヒザコシのダンパーからコシムネサイズで行いましたが、昨年サーフボードオブザイヤーを獲得しているネックビアードの後継だけあり、十分に満足できる癖の無いパフォーマンスを体験させてくれました。

ノーズ幅は13インチ以上、テール幅は15インチ以上と全体に幅広のアウトラインがストレス無い早い滑り出しをし、ダブルバンプウイングがクイックでドライブの効いた動きをしてくれます。

既にネックビアードを乗り込み、次なるモデルを捜している方には是非乗っていただきたいモデルです。

波の対応サイズがヒザ〜アタマサイズなので、少しボリュームが多く日本の平均的なコンディションでのメインボードをお探しの方にもぴったりなモデルになっています。
No.4 ボトム形状は、ノーズから浅いコンケーブが始まりno4 センターは深めのシングルコンケーブナンバーフォー サイドフィンの上から二つに分かれno4 フィン周辺ははっきりとしたダブルコンケーブ#4 テールエンドは強めのVEEで水流が抜けて行く様になっています。
このボトムもネックビアードとほぼ同じ形状をしています。neckbeard-no.4 同じレングスのネックビアードとno.4を比較してみると、
No4 5’7″-19 1/4″-2 3/8″  27.4L
NB   5’7″-19 1/2″-2 5/16  28L
センター幅が広くノーズとテールが少し細いネックビアード、センター幅をやや細くしノーズとテールにボリュームを増やしているナンバーフォー。イメージ 到着が楽しみなモデルです。


サーフボードの修理


IMG_1814 良い天気が続く連休。IMG_1804 朝はムネカタサイズからスタートIMG_1818 風は弱く、カタチ良い波。IMG_1820 レフトライトにロングライドが可能。IMG_1821 海水は暖かくトランクスのみでOK。IMG_1822 今はほとんどクラゲがいません。IMG_1828 時々届く台風からの波は大きく、アタマオーバー。IMG_1843

IMG_1844

IMG_1845

IMG_1456 2週間前、波がどこも小さい時にお預かりした沢山のサーフボード修理。IMG_1781全て綺麗に復元されて戻ってきています。
モアナではブランドを問わず、サーフボードとウエットスーツの修理を行っていますので、壊れてしまったら是非相談してください。IMG_1848 今朝、最初のゲッティングアウトの時に波に引きずり込まれ、バックドロップから海底に刺さってしまったサーフボード。
明日のお休みは布団にくるまり、家から出ないそうです。


素晴しいコンディション


IMG_1711 素晴しい波が届く土曜日の朝。IMG_1727 サイズは少し下がりムネ〜カタ。IMG_1723 11時まで風は吹かず、レフトライトへ長く乗れる波。IMG_1739 海水は暖かく、トランクスのみ。IMG_1740 コンパクトな良い波ですIMG_1733 どこもコンディションが整っているので、あまり混雑していません。IMG_1741
IMG_1721

IMG_1734

IMG_1762

IMG_1764

IMG_1774


WEST SUITS


wetsuits-orderfair-catalog 現在モアナで開催中の秋冬ウエットスーツオーダーフェアー。
取り扱いブランドはウエストスーツ、ハーレー、オニール、エクセル。IMG_1678風が弱い金曜日。IMG_1679早朝よりも干潮近くにコンディションはとても良くなり、ムネ〜カタ時々アタマサイズの長い長いレフトと少し短いライトのブレイク。IMG_1686海水は南の島の様に暖かくトランクス一枚でOK、沖のピークでも海底が見える素晴しい透明度。IMG_1685秋の良い天気は続き、日曜日のお昼ぐらいまで風は弱そうです。IMG_1688永遠と入っていたくなる気持ち良い千葉南の海。IMG_1689 今朝もニューフライヤーでサーフィンをしましたが、このモデルのポテンシャルの高さはびっくりしてしまいました。
このモデルを多く使い、JPSAのコンテストで大野選手が5連勝しているのが、理解できます。
もう少しいろいろなタイプの波に乗り、詳しいコメントをしたいと思っています。

west-wsp 秋になりウエストスーツではフルスーツのキャンペーン商品がございます。
モアナでは現在こちらのWSPモデルを9月中のご注文に限り、表示価格からさらに5%OFFの早割特別価格でご提供しています。
来月には秋用薄手フルスーツが必要になってきますので、2週間出来上がりの急ぎ対応も出来ますので、是非ご相談ください。
WSPモデルはご覧いただける、ノージップの見本が届いています。

west-wfg
こちらはウエストスーツの冬用デザインのメインカットWFDモデル。
新素材も加わり、ラインナップの幅を広げています。

ウエストスーツの冬用カタログはこちらから、全てのモデルやロゴマークをご覧いただけます。

http://westsuits-japan.com/wetsuits.html