カテゴリー別アーカイブ: SPINE-TEK

フィーバーが選ばれる理由



2017年の秋に発売が始まったモデルのフィーバー。
細身のパフォーマンスボードという理由から日本では注目度が低く、話題にならなかったモデル。
その年の春に千葉で開催されたWQSで優勝した選手が使っていた事でコンペ系のサーファーから注目度が高まり、一気に日本の波でも高評価を得たサーフボードになります。

2017年の秋から何度かブログ内でも感想をご紹介していますのでチェックしてみてください。

既にフィーバーを使っている方の評価はとても高く、特にサーフィン歴の長い方ほど、サーフボードの進化と完成度の高さに驚き喜んでいただいています。
細身のショートボードにしては滑り出しは早く、ダラダラの波でも十分に使え、強い推進力がありながらカービングも行い易い性能は、サーフィンのステップアップを早めてくれます。

サンクレメンテに住むパットガダスカスが1本のショートボードで小波からサイズアップした時に使え、ビーチブレイクからポイント、リーフブレイクまで対応できる万能なサーフボードを求めて出来上がったのがフィーバーです。

この写真は2017年の2月にサンタバーバラ本社でフィーバーの解説を聞く時に撮った物になり、この時点ではモデルロゴが出来てませんが、ほぼ完成に近い状態になっています。
2016年から試作ボードのテストが始まり、プロ選手がコンテストで使い始めるまでには約1年半、一般の方が手にするまでには2年、長い時間を使いチューニングを行っていたのが解ります。
特にこのフィーバーは開発に時間を掛け、完成度を高めたと言っていたのが印象に残っています。


ニューフライヤーやフレッドラブルで使われた2ステージロッカーではなく、ルーク15で使われた全体にカーブのあるコンティニューロッカーが使われ、
ノーズのやや緩いロッカーは滑り出しの早さ、ストレート気味のセンターロッカーはスピード、ルーキーやMBMと同じ強めのフリップアウトテールが理想的なトップアクションとカービングを可能にしているのがフィーバーの特徴です。

ノーズからシングルコンケーブが始まり、センターにかけて浅く続いて行きます。

サンプラーの半分ぐらいの深さのコンケーブになっているサイドフィン周辺。

サイドフィンからしっかりとしたテールキックがあるので、レールにボリュームを持たせてもホールドできるデザインになっています。

ニューフライヤーほどではないですが、やはりサイドフィンからはメリックヒップが使われ、ターンの鋭さを引き出しています。
レール形状はデーンがデザインしたブラックアンドホワイトやペレグリンなどのミディアムボキシーとは違い、他のモデルよりも厚すぎず薄すぎず、持ちやすくパンチの出るミディアムレール。
アウトラインからロッカー、コンケーブ、全ての部分に時間を掛けてチューニングしてトータルバランスの良いデザインに出来上がっているのが、多くの方に支持されている理由だと言えます。

腹胸サイズの波から活躍してくれますが、コンディションが整った時のベストな1本をお探しの方は、是非乗っていただきたいサーフボードです。

フィーバーの価格は125,000円、スパインテックは140,000円税別。 アルメリック フィーバー

長いお正月休みの最終日。

ウネリは弱く、波のサイズはモモコシ。

昨夜の強い北風で海水温度は上がっています。


CIフィッシュとネックビアード2


今朝はCIフィッシュとネックビアード2を使ってサーフィン。
明け方まで強い雨と雷の千葉外房はクローズアウト気味の木曜日。

形良いサンドバンクとオフショアのポイントへ。

波のサイズはムネカタ。

南南東からのウネリは長いライトブレイク。

ライトはテイクオフして直ぐにバレルになるコンディション。

海水はとても暖かく、ウエットスーツは薄手のフルスーツ。
アルメリック チャネルアイランズ

明日からは3連休。
ウネリあり、良い天気と北風が続きそうです。

午後はオフショアになり、整う夕方の海。




晩秋の波



日の出は6時15分、オフショアの金曜日。

東からのウネリ。

波のサイズはムネカタ。

短いライトと長いレフトのブレイク。

透明度素晴らしく、とても暖かい海水温度、シーガルか長袖スプリングでも入れます。

4時が干潮、12時が満潮の小潮。

今夜から更に風向きが良くなってきます。

毎日綺麗な日の出と日没を見れ、良い波が豊富な晩秋の千葉南。

今朝はフィーバースパインテックでサーフィン。

現在開催中のボードキャンペーンでは、このスパインテックもカスタムオーダーをしていただけ、
オーダー料金も無料になりました。サイズ調整も可能です。

フィーバーのスパインテックは140,000円税別。
ロケットワイド、サンプラー、OGフライヤー、ネックビアードのスパインテックは130,000円税別
キャンペーン中は15,000円のオーダー料金が無料になります。


良い波とネックビアード



暖かい火曜日の朝。
雨が止むたびに徐々にコンディションアップ。 波のサイズはコシムネ。 干潮からはムネ時々カタサイズの良い波。

左右にロングライド。

海水はとても暖かく、ウエットスーツはシーガル。

今朝はネックビアードでサーフィン。

5年ぶりに新しいサーフボードに乗り換えの森山さんは新素材のネックビアードスパインテック。


フィーバースパインテック



オフショアの火曜日。
干潮に近い時間の綺麗なブレイク。
波のサイズはムネ。 短いライトと長いレフトのコンディション。 海水はとても暖かくウエットスーツは長袖スプリング。

透明度良い秋の海。

今朝はフィーバーのスパインテックでサーフィン。

多くのツアー選手も使っているだけあり、スピード性能とパフォーマンスはトップレベルのフィーバー。
千葉のビーチブレイクでもその性能は十分に発揮でき、長年短めのパフォーマンスボードを使い、新しい動きと刺激を求める方にはオススメのモデルです。

EPSフォームのスパインテックにする事で、さらに滑り出しは早く、ライディング中の加速性能が上がっている事を実感していただけます。


弱いウネリ



ウネリが弱い金曜日。

波のサイズはコシハラ、海水は暖かくウエットスーツは長袖スプリング。

干潮近くにフェイスがしっかりするピークでサーフィン。
明日からはサイズに変化がありそうです。
ネックビアード スパインテック


オフショア



オフショアの水曜日。

波のサイズはムネ前後。

クリーンでロングライドのコンディション。
形良いピークが沢山増えた千葉南。

13時30分が満潮。

ネックビアード スパインテック