カテゴリー別アーカイブ: Pickup BRAND

JOE-HIGH5-PODMOD-MINI


4model JOE-HIGH5-PODMOD-MINI
0108 - 2 まだ無風の日の出時間。0108 - 4 予報通り9時から強まってきた南風。
波のサイズはコシハラ。

0104hp - 1 (2) アベレージジョーから始まり、人気の4モデル。
短いレングスに性能を凝縮してあり、それぞれに個性がしっかり出ている4モデル。
日本の平均的なコシムネの波との相性が良く、どなたでも楽に波を捕らえられるようになり、乗れる本数が多くなる事でレベルアップの手助けをしてくれ、さらにサーフィンを楽しませてくるのが4モデルの特長です。

この4モデルをどのように選択すれば良いかが一番悩んでしまうと思います。

●すでに発売から2年経ち、サーフボードオブザイヤーを獲得しているアベレージジョー。
このモデルは他3モデルよりもノーズとセンター幅が広く、波を捕らえる能力は一番強く、乗る事を優先にしたい初心者の方、ウエイトが多く強い浮力を求める方、休日にリラックスした波乗りを求める方にオススメできます。
アベレージジョーの違う面の特徴として、前足後足の加重を教えてくれる部分です。
足先だけのコントロールで動いてしまう細身のトライフィンだけを使っていた方の中には、アベレージジョーを上手く乗りこなせない方が時々います。
ノーズからセンターまで幅の広いこのモデルは、しっかりとした加重と体重移動を教えてくれるステップアップモデルでもあります。

●ハイファイブが登場した事で、アベレージジョーではノーズエリアの反発を気にしていた女性や体重の軽い方にもこのショートレングスのモデルを勧められるようになり、2015年は多くの方に好評価をいただいているモデルになりトータルバランスの優れたどなたにもお勧めできるモデルです。

 

●ポッドモッドはボトムカーブもしっかりとあり、細く絞られたテールエリアを備えていることからもパフォーマンス性能が良く、すでにノーマルのトライフィンでリップアクションを楽しんでいる方には満足度の高い小波用ボードと言えます。
ポッドモッドはサイズの大きい波の時、フィンを大きくして使うと楽しめるモデルでもあります。

●昨年のレイトモデルとなるミニ。
ベースがフィッシュボードである事から、このモデルだけは他と違うテイストがあり、アウトラインからのイメージとは異なり、かなりシャープな動きをしてくれるのが最大の特長です。
他3モデルよりレール形状が薄めにできているので、波を捕まえる能力が高く、動作が軽快で、コンディションを選ばず多くの波に乗れるモデルです。
以前ネックビアードを使っていた方からの評価が高く、初心者から上級者まで満足していただけるサーフボードです。

サーフポイントの近くに住む環境にある僕の年間の使用比率は、ご紹介したショートレングスのミニボードが5割、ニューフライヤーやフレッドスタブルが3割、1割が大きい波用のフレッドラブルやバニーチャウ、残り1割がシングルフィンやフィッシュ、ロングボードという比率になり、波質のバラエティー豊富な千葉南の海でも上の4モデルはかなりの回数で活躍してくれるサーフボードと言えます。

それぞれに個性がはっきりしていることからも、年齢や性別、体重やサーフィンのレベルに合わせたモデルの選択をしていただく事で、現状のサーフィンをさらに楽しいスポーツに変化させてくれる道具になります。

女性や体重の軽い方は少し長く少し薄く、体重の重い方や体力の落ちた方は少し長く少し厚く、いろいろなアレンジのカスタムもオススメできますのでご相談してください。

どのモデルも、短く丸みのあるアウトラインになっていますが、決してテイクオフの早い乗るだけのクルージングボードではなく、しっかりとした体重配分の練習をさせてくれ、ステップバックをすることで垂直のオフザリップから急激なカットバックもこなし、リップから飛び出す事も出来る性能を持っています。

0108 - 1

年齢と向き合うサーフボード


AL MERRICK – HIGH5


IMG_8632 AL MERRICK – HIGH5
5’3″ – 19 1/2″ – 2 3/8

IMG_1519 暖かく良い天気の祝日。
IMG_1498 風は吹いてなく、波のサイズはハラムネ。
チャンネルアイランド-ハイファイブ
チャネルアイランズ社から発売が始まる2015年のニューモデル、アルメリックのハイファイブ。アルメッリク-ハイファイブ53
人気のアベレージジョーの幅を細くし、パフォーマンスを上げたハイファイブ。highfive
High5 ⇦詳しい情報はこちらをごらんください。high5-timcurran ティムカランhigh5-sage-e
セイジエリクソン
IMG_8624 まだ使っている方が少ないニューモデルHigh5、試乗した方からは多くの高評価をいただくサーフボードです。5’4″ – 19 5/8″ – 2 3/8″
joe-high5 CI社で最も小波に強い人気モデルのアベレージジョーと同等の速い滑り出しに、パフォーマンスボードと変わらぬクイッック性とドライブ性を備えた性能にデザインされています。
完成度の高いシングルダブルコンケーブからVアウトされたボトム形状から繰り出されるスピード性は、乗る度に驚きの連続です。

週末のサーフィンは沢山の波に乗る事を優先されたい方は安定感の強いアベレージジョー、沢山の波を捕らえ更にパフォーマンスもしたい方にはハイファイブがおすすめです。

既にニューフライヤーを使い、テイクオフの速さとスピード性能に驚かれている方も多いと思いますが、ハイファイブはそれ以上の驚きを小波でも体感させてくれるサーフボードです。

正式なハイファイブの日本での販売は4月からになり、モアナでは多くの前注文を入れていますが、半分近くが予約になっています。

アルメリック ハイファイブ 5フィン 131,000円税別。
IMG_1552


CI – #4. FRED STUBBLE. NEW FLYER


IMG_5997 #4、フレッドスタブル、ニューフライヤー

IMG_4196 6時ぐらいまでの強い雨と風が止み、天候回復の火曜日。IMG_4207
ワイドで速い波が目立つコンディション。IMG_4213
サイズはハラムネ〜カタ。IMG_4217

IMG_6002 今朝はフレッドスタブルでサーフィン。IMG_5993
チャネルアイランズ社の人気モデル、アベレージジョーに並び、多くのご質問を頂く、写真の#4、フレッドスタブル、ニューフライヤー。

3モデルそれぞれに個性が出ていて、日本の平均的な波では常に活躍してくれ、十分に休日を楽しませてくれるデザインになっています。

この3モデルのどれに乗るかというのが、一番悩んでしまうところだと思います。

まだフレッドスタブルは少ない回数しか乗っていませんが、ブログカテゴリーのChannel Islands SurfBoardsをさかのぼって見ていただくと、それぞれの感想を載せてありますので、是非参考にしてください。


 

 


クリステンソン-スクランブラー


IMG_0086 先週末に到着した、クリステンソンのスクランブラーモデル。
サイズは6’0″×22 1/4″×2 9/16″
IMG_0087 フューチャーズの5フィンセッティング。
IMG_0085 ワイドノーズと全体にたっぷりとしたボリュームが速いテイクオフを約束してくれ、薄めに削られたラウンドテールがアクションを可能にしてくれるサーフボード。

27年ぶりにロングボードでサーフィンを再開し、今回短いボードにトライする僕と同じ年の浜島さんのスクランブラーモデル。
IMG_0084


IMG_0126 良い天気だった連休から、雨と時化になってしまった休み明け。