カテゴリー別アーカイブ: MINI

アルメリック-モデル選び2018



様々な人気モデルがラインナップするチャネルアイランズサーフボード。

写真左からホグレット、ハイファイブ、ビスケットボンザー、サンプラー、ロケット9、ツインフィン、フィーバー、ブラックアンドホワイト。

小波に強く楽しめるホグレットから右に徐々にパフォーマンスは上がり、大きい波に対応できるモデルになっています。

モデル毎にしっかりと個性があり、サーフィンのスタイルに合わせて選択していただく事で、休日のサーフィンを楽しんでいただけます。

それぞれのモデルを、すでに使っているお客様の感想と、僕が使った感想を混ぜて解説します。

◇ホグレット
ラインナップの中でも最も波をキャッチする性能が優れ、テールは細く絞り込まれているので縦のアクションも可能であり、ノーズコンケーブを備えているのでノーズライディングなどロングボードスタイルの楽しみもできるモデル。
長年細身のショートボードだけを使っている方には新鮮な遊び道具になると思います。
小波ではゆったりとライディングをしながらも多少のアクションを入れたい、
現在お使いのボードが波に乗れる本数に満足できていない、
ドルフィンスルーはできるけど、楽に沢山の波に乗りたい、
やや運動不足気味で体重も増加、
この様な方にお薦めしたいホグレット。
既に使われている方の評判も良く、波に乗る楽しさをたっぷりと味わえるモデルです。

◇ハイファイブ
ベストセラーモデルであるハイファイブ。
短いレングスに幅広のフィッシュテールは滑り出しの速さとパフォーマンス性能に優れ、不満の多い小波コンディションでも楽しませてくれるモデル。
リラックスできる弱い波でも沢山の波を捉える事が出来るので、上達の切っ掛けを掴みやすい特徴があり、このモデルだけは手放せない、という方が多いサーフボードです。
ヒザからカタサイズまでがベスト、水量が多くなければアタマサイズの波も使用できます。
パフォーマンスボードしか持っていなく、小波になると全く乗れない、
日本で多くあるコシムネの波で沢山乗れてパフォーマンスを楽しみたい、
この様な方にお薦めのハイファイブです。
発売から3回目の冬を迎え、来春からメーカー在庫はなくなり、カスタムオーダーでの注文がメインとなる残念なモデルです。

◇ビスケットボンザー
ロブマチャドが10年前にデザインして登場した人気モデルのビスケット。
ボンザーフィンが付き、深めのコンケーブは小波でもスピード性能は優れ、センターの専用シングルフィンはドライブ感を強く感じる事ができるのが特徴。
フラット気味な波のセクションもグイグイとドライブして走り、波を乗りつないで行けるのがボンザーシステムの長所です。
個性的なボードを求め、小波でもしっかりとしたドライブターンでサーフィンしたい方にお薦めのビスケットボンザー。
ボンザーシステムになった事で、扱いの難しいサーフボードになるのではなく、むしろ補助具が付き、ターンが行い易いと感じていただけます。

◇サンプラー
ベストビーチブレイクボードであるサンプラー。
モモコシからアタマサイズの波まで、多少風が入っていたりボヨついてしまう状況でもコンディションを選ばず活躍してくれるのがサンプラー。
サイドフィン周辺の深いコンケーブは力強いターンからパンチの効いたトップアクションが可能であり、アクションが多いパフォーマンスの好きなサーファーにはお薦めのモデルです。
デーンレイノルズがデザインしたボードは前足の上にボリュームが多くあるのが共通点ですので、サイズ選びを慎重に行わないと、全く活躍しないボードになってしまう場合があります。
1本のボードで様々な波に対応できる、メインボードをお探しならサンプラーはお薦めです。

◇ロケット9
サンプラーに並び、小波からオーバーヘッドでも活躍してくれるロケット9。
テールが細いロケット9はコシハラの波から活躍してくれるのがサンプラーとの少しの違い。
その絞り込んだ細いテールはサイズが上がって来れば、トップターンやカットバックを行いやすく、フェイスに深いトラックを描きながらカーブさせられるのが特徴です。
ワイデストポイントが前にあるややクラッシックなアウトラインは滑り出し早く、サーフィン歴の長い方に人気の個性的なショートボードです。
細身のテールにはツインスタビライザーが良く合い、スピード性は上がり、さらにシャープなカービングを楽しんでいただけます。
サンプラーと異なり、レングスを長くしても性能を損なう事は無く、オーバーフローで選ばれても細いテールはコントロール性が重すぎてしまう事がありません。
年齢と共に少し長めのショートボードが必要と感じている方や、
ノーマルなショートボードを長年使い、サーフィンに変化と新たな刺激を求めている方にお薦めのモデルはロケット9です。

◇ツインフィン
まだまだ使われている方が少ない、最新型クラシックツインフィン。
すでに使われている方と僕自身もこのサーフボードを手放す事は無いと言えるモデルです。
全モデルの中でも最速であり、クラシックなアウトラインに現代的な最新のロッカーにアップデートされているので、強いドライブ感とカービングを楽しんでいただけます。
大きいサイドフィンとセンターに小さなトレイラーフィンの仕様なので、トライフィンだけを使っていた方は、最初のターンでテールが滑ってしまうかもしれませんが、体重の使い方が分かり、軸の移動が明確にできる様になればステップアップに繋がるサーフボードでもあります。
ツインフィン仕様なので、初心者の方よりは、経験の長い方がこのモデルは楽しんでいただけ、サーフボードの進化を実感していただけると思います。
クラシックなフォルムにスムースで強力なエンジンを搭載した乗り物を求める大人の方にお薦めなツインフィンです。

◇フィーバー
2018年のワールドツアー選手の多くが持ち込んでいる、信頼度の高いニューモデルのフィーバー。
ラインナップするモデルの中では長めのレングスになり、日本の波ではハラムネサイズからオーバヘッドまで活躍してくれるパフォーマンスモデル。
細めのノーズエリアからは想像できない滑り出しの速さがあり、テイクオフからインサイドセクションまで、全てのパートで新しいサーフボードの性能を楽しんでいただけるモデルです。
近年主流となる短いレングスのパフォーマンスボード、久しぶりに3インチ長い身長と同じぐらいのモデルを使うと、ターンの伸びは良く、浮く様なスピード感を味わえます。
コンテスト志向の方には得点を出しやすいボードデザインであり、アクションを好む方にお薦めのニューモデルフィーバーです。

◇ブラックアンドホワイト
フィーバーと同じく、日本の波にフィットする長めレングスのパフォーマンスモデルであるブラックアンドホワイト。
ツアー選手が使っているフルロッカーのルーク15とは異なり、控えめなロッカーとやや広めなノーズエリアは日本の波との相性良く、癖が無くとても扱いやすいモデル。
ベーシックでスマートなアウトラインのブラックアンドホワイトですが、こちらもデーンレイノルズがデザインしているだけあり、トップアクションでのテールのリリース感は素晴らしく、ツアー選手も使うハイパフォーマンスモデルと言えます。
長めのレングスは加速性能がアップしていて、パフォーマンス性の良さは乗り手をサポートしてくれるサーフボードです。
体力が落ちている方にはレングスを長くして浮力多めのサイズを選んでいただけるタイプになり、
昨年のオーダーフェアーでも、幅広い年齢の方から最もご注文が多かったのはこのブラックアンドホワイトになります。
サンプラーやロケット9など短めのパフォーマンスボードではやや体がきつく不安、
ショートボードを続けたいが、身長よりも長くしてテイクオフを楽にしたい、
体力的、年齢的に長めのショートボードを探している、
1本で小波から大きい波まで使えるメインボードが欲しい、
大きい波を好み、安心感あり信頼できるボードでテイクオフしたい、
この様な方にお薦めのブラックアンドホワイトです。

2017レイトモデルであるOGフライヤーとネックビアードラウンドテール。
今年オススメの2モデル。
◇ネックビアードラウンドテール
これまでに登場したモデルの中で最も販売数が多く、一般の方から信頼度の高いネックビアード。
2017年にラウンドテールでアップデートされ、更に乗り易さが向上したモデル。
千葉外房のモモ〜アタマサイズまで活躍する万能性で、メインの1本としてお勧めできます。
ハイファイブよりは長目を好み、小波には強くサンプラーの様なパフォーマンス性を求めるのであればネックビアードラウンドテール。

◇OGフライヤー
20年前に誕生したモデルのロッカーとコンケーブが継承される名作のオリジナルフライヤー。
直進安定性に優れ、早い滑り出しからのベーシックなドライブターンの感覚は一度使われると病み付きになる乗り味があります。
浅いシングルダブルコンケーブは扱いやすく、アルのシンボルでもあるバンプスカッシュテールは、ワールドツアーレベルの高いパフォーマンスも可能なデザインになっています。
サンプラーよりも長さをとれ、同じ長さのフィーバーよりも容積が多くなるデザインなので、
最近、体力の衰えを感じているけど、まだまだショートボードを使い続けたい方にはベストボードとなっていただけます。
長めのレングスと多めの容積で楽にショートボードを乗りこなすならOGフライヤーはお勧めです。


様々なデザインのサーフボードがラインナップするチャネルアイランズ。
波に乗れる本数が満足していなければホグレット、小波でも楽しむならハイファイブとビスケットボンザー、日本の平均的な波で活躍する1本ならサンプラーとロケット9、アップデートネックビアード、個性的でハイパフォーマンスならツイン、テイクオフが楽な長めならフィーバーとブラックアンドホワイト、レイトモデルのOGフライヤー。


サーフィンのレベル、年齢や体力などに合わせたサイズ選び、レングスと容積のバランスが一番重要になり、同じモデルでもサイズ選択の仕方で使い易さは大きく異なってくるのが現代のサーフボードです。
オーバーフローで浮力たっぷりと多いサーフボードを準備したのに乗れなくなった、というお悩みがありましたらいつでも相談してください。

適切な道具選びを行い、休日のサーフィンを楽しんでください。


01111rincon
年齢と向き合うサーフボード

4model
JOE-HIGH5-PODMOD-MINI


カスタムボード到着


弱いウネリと薄曇りの月曜日。
波のサイズはコシハラ。
海水温度は低め。
ミニの5’8″が届いた草野さんご夫婦。
奥様も持ちやすい幅と厚みにした容積は28.5L、とても使いやすそうなミニになっています。
6’3″のニューフライヤーから6’0″のロケット9にサイズダウンされた60歳の山中さん。
容積は32,4L。
体重56kgの田端さんはサンプラーの5’6″、サイズ調整を行い容積は24,7L。


ニューボード


とっても寒い月曜日。 北北東の横風が強く、波はコシハラ。
二日間のボード試乗会は大盛況で終了。
波は丁度良いサイズで続き、暖かく新しいボードを試すには最適なコンディション。
ボードの特徴などを熱心に聞く方が多く、お店も冬場とは思えない忙しさの休日。

現在のサーフボードはとても乗りやすく誰もが楽しめる性能を持っています。
全体的にどのモデルもレングスは短くなり、少し昔のボードを使っている方には抵抗のある長さかもしれません。
安心感を求め、長めとたっぷりすぎる容積のボードを選び、逆に乗れなくなっている方の相談を受ける事が多い最近です。

サーフィンのレベルとお身体の大きさ、ホームポイントの波質、ぜひご自身に合ったサーフボードを手に入れてサーフィンを楽しんでください。
早朝に来ていただいた69kgの氏家さん
ニューフライヤー、ロケット9と乗り、次は5’8″のサンプラー。
毎週海に通う62kgの池口さん。重たい冬のウエットスーツ対策に選ばれた5’6″大きめのポッドモッド。
テールが絞られたポッドモッドはオーバーフロー気味でもアクションを行い易いモデルです。

冬場も千葉北で頑張る62歳の長嶋さん。
沢山乗れてドルフィンスルーができる大きさは5’9″のミニ。 数年のブランクがある75kgの田中さん。
乗れる事を優先で選ばれたモデルはミニの5’9″。 アベレージジョーからもう少しパフォーマンスアップで66kgの谷村さんが選ばれたのはミニ5’5″。 70kgの方のハイファイブは5’6″。 体の大きい方のツインフィンは5’11″、34L。 80kgの藤澤さんのカスタムは6’3″のブラックアンドホワイト。
クリステンソンは3本目の富永さん、今回はスクランブラーの5’7″。
日曜日最後のお客様は千葉北でサーフィン後に来店していただいた冬も頑張る女性。
ダンプスターダイバーからネックビアードに乗り換えです。


CI Factory Tour 2017-2


GMのスコットとボード開発担当のアーロン。 今回、アーロンがボード解説をしてくれたモデルは、
フィーバー、ビスケットボンザー、ボンザーシェルター、ハイブリッドミニとハイブリッドウォーターホグ、ロケット9、フレックスバー。
その他画像は出せない、この後発売予定のテストボード。

オールラウンドなパフォーマンスボードのThe FEVER。
サンクレメンテのパットガダスカスが腰から頭オーバーの波まで活躍してくれるボードを求め、出来上がったのがフィーバー。
コンティニューロッカーを使い、フラット気味にする事で速さを求め、サンプラーより浅いシングルコンケーブに強めのテールキックの組み合わせにより、シャープでドライブ性能に長けたデザインに出来上がっています。
強めのテールキックにしっかりと加重する事で、ドライブ感が良くグイグイと走って行く性能をリンコンで感じました。
アクションを好むショートボーダーにオススメのモデルだと思います。
キャンベル兄弟が20年間作り続けているボンザー5システム。
ターンをした時に固定されている波側の2枚のフィンが垂直になり、その間を海水がスムースに流れる事で、強い推進力とドライブを得られるのがボンザー5システム最大の特徴です。

ボンザーシェルターはキャンベルブラザーズのオリジナルテンプレートを使用。
CI社オリジナルモデルでもこのボンザーシステムを組み合わせられないかと、選ばれたのが10年前に登場しているビスケット。
オリジナルビスケットのVボトムはボンザーシステムとのマッチングが良かったようです。 強いVが始まるテールからの距離とフィンの角度は決まっていて、それがボンザーの性能にはとても重要なバランスだそうです。

トライフィンのビスケットを以前使っていましたが、ビスケットボンザーは安定感あり乗り易く、ドライブさせるのが容易な印象です。
日本の平均的な波を考えると、ビスケットボンザーはいつでも使えるアイテムになりそうです。
このボンザーシステムはセンターフィンが大きく推進力が強いので、トライフィンを加速させる事が苦手な方にも、フェイスをドライブさせてスピードを得る手助けをボードデザインがしてくれます。

長いフェイスの良い波用のボードをお探しなら、ボンザーシェルターがオススメです。
スピードが出すぎてしまっているサーフボードには、初めて出会いました。

ボンザーはどちらもフィンが付属され、160,000円税別。

チャネルアイランズ社から初めて登場するソフトボード。
現在カリフォルニアでも需要が伸びているソフトボード、CI社ではINT社の技術に昨年登場したモデルのミニをラウンドテールにして登場。

サンディエゴで作られる水の吸いにくいフォームを使い、ボトムはエポキシ樹脂でラミネートされ、デッキ面はソフト素材で安全性を優先された新しいタイプのサーフボード。
反発が良い竹がストリンガーに使われ、ラウンドテールでキックが強まったミニは性能良く、十分楽しめるソフトボードに出来上がっています。

これからサーフィンを始める方はもちろん、既にサーフィンは楽しんでいる方がより安全に沢山の波に乗りたいとお考えの時、小波用ボードが欲しいけど、彼女や友達、お子様も楽しめるソフトボードをお考えでしたら、このミニのソフトボードはオススメです。 ボトムとデッキの両面がソフト素材で出来上がったベーシックなタイプもございます。
お値段優先でしたら、こちらもよろしいかと思います。

ミニのソフトボードは90,000円税別
ベーシックタイプは60,000円税別。
こちらはハイブリッドミニで使われる専用フォーム。
EPSフォームより弾力あり、耐久性の良い硬いフォームです。

カラーフォームを使い、低価格で子供専用にデザインされたサンプラーやルーク15も登場します。

子供用はルーク15とサンプラーがあります。
GROM ROOK15  4’8″、5’0″、5’4″
GROM SAMPLER  4’10″、5’2″
どちらもフィン付き92,500円税別です。

今回はとても長い時間ボード解説を聞き、サーフィンのレベルや体型別によるボードの選択、カスタムオーダーの方法などもしっかりとトレーニング受けてきました。

最近のサーフボードはとても性能が向上し、軽い力で沢山の波をキャッチして楽しませてくれます。

様々なサーフィンスタイルに合った、サーフボード選びのお手伝いをいたしますので、ぜひ気軽に相談してください。

夕食はカーピンテリアの人気店RINCON BREWERYへ。
毎年満席で今回初めて入れた地ビールのお店。
ガラス越しのすぐ隣でビールを作っているだけあり、様々な味と度数を楽しめ、リンコンでサーフィン後は美味しさも各別です。 いつも夕食を誘ってくれ、何でも聞いてくれ!というGMのスコット。
ワールドツアー選手たちの契約の事や、日本でも話題になっていたケリーの話、サーフボードのトレンドなど、サーフィン業界の色々な話を聞く事ができた貴重な時間になりました。
チャネルアイランズの長い歴史の中で、HEXロゴにアルメリック以外のロゴが入るのは初めての事であり、これについても聞いてみました。

キャンベルブラザーのロゴを入れる事に関して最初は反対意見も出ていたそうですが、アルさんとキャンベル兄弟は昔からとても仲が良く、若い頃は色々なボードの開発を一緒に行っていた関係から出てきた今回の企画だそうです。
ライダー達がテストし、ボード性能の良さにボンザーシステムの導入が決まり、アルさんと息子のブリットがロゴの使用を承諾し、スコットが決定したそうです。 フィッシュタコとアルコール度数7度のフルーティーなペールエール。 チーズがたっぷりと入ったケサディア。
どの料理も美味しく、度数7度は酔いを加速させてくれます。 左はカスタムオーダーの受注を担当しているジョン。
この写真を撮った記憶が無くなっているのが残念です。

次はこちらです →CI Factory Tour 2017 – 3


サーフボードキャンペーン


ボードキャンペーン 本日から一年に一度のサーフボードキャンペーン開催。
1113-5-1
小春日和の日曜日。
1113-4-1 今朝も強めの東ウネリ。
1113-2-2 波のサイズはアタマ前後。
1113-3-2 繋がり気味ですが、レフトは長い波。
1113-1-7 キャンペーンでボード購入一番は後藤さんのロケット9、5’8″。
1113-2-3 2本目のロケット9は62kgの山崎さん5’6″。
1106-1-5 強烈なダンパーでボードが折れてしまった63kgの梶原さんは5’7″のサンプラー。
1111-1-4 5’7″のアベレージジョーから5’7″のミニに乗り換える70kgの方はDセットのデッキパッドと5フィン。
サンプラー サンプラーのフレックスバー5’11″は75kgの宮本さん。フレックスバー 55kgの方に発送されるサンプラーのフレックスバー5’5″。
1113-1-8 カスタムで出来上がったロングボードはパフォーマーの9’1″。


ニューボード


1030-2-2 気温15度、とても寒い日曜日。
1030-1-3 波のサイズはムネ時々カタ。1030-3-2 ウエットスーツは薄手のフルスーツ、スキンタイプがオススメ。
ミニ 夏にサーフィンスタート、6’2″のミニから5’5″のミニにサイズダウンする僕と同じ歳の北原さん。
サンプラー フレッドスタブル5’8″からサンプラーの5’6″に乗り換え、60kgの田部さん。
1030-2-4 最近横に走れるようになった70kgの方はニューフライヤーの5’8″。
ブラックアンドホワイト 60kgの方が選ばれたパフォーマンスボードはブラックアンドホワイトの5’9″。
1030-1-7

 


ニューボード


0819 - 2 サイズアップと北東の風が強まりそうな金曜日。0819 - 3 オフショアのポイントへ。
0819 - 3 (1) ミドルタイドからクリーンなムネサイズの波。
0819 - 1 (1) 海水温度はやや低く、トランクスだけでは冷えてしまいます。
長袖タッパーかスプリングの使用がオススメです。
0819 - 2 (1) 今朝はサイズアップを予想してブラックアンドホワイトでサーフィン。0819 - 5 朝はロングボード向き、干潮に近くなりショートボード向きの波質。0819 - 6 南の島に来たような、素晴らしい海水の透明度。
0819 - 7

0814 - 1 (2) もう少し動きを軽くする為、アベレージジョーの5’5″から容積3.4L下げたミニに乗り変え、71kgの藤井さん。0814 - 3 (1) 時々コンテストにも出ている、体重55kgの雨宮さんはニューフライヤーの5’6″。
テールエンドのVが強いので、軽量な方もボードコントロールが行いやすいモデル。
0814 - 3 (2) 長めのフレッドラブルから上達に合わせてニューフライヤーの5’7″に乗り換えの佐藤さん。
センター幅が広く安定感の強いニューフライヤーは、女性に扱いやすくステップアップの切っ掛けをつかみやすいサーフボードです。0814 - 2 (4) ポッドモッドと#4を使う福岡さん、台風シーズンに準備するのはブラックアンドホワイトの5’10″。0819 - 1 (3) 体重73kgの方がインドネシアと日本の台風シーズンに準備するブラックアンドホワイトの6’0″。
浅いコンケーブがユーザーフレンドリーなコンディションを選ばないボードデザイン。
アルメリックの在庫 現在チャネルアイランズジャパンには2016年レイトモデルも入荷し、ストックボードが豊富に揃っています。
お探しのモデルとサイズがございましたら、ぜひお問い合わせください。
メーカー在庫は2営業日で取り寄せ可能です。

お取り寄せ可能モデルは
サンプラー、ブラックアンドホワイト、ホグレット、ツインフィン、ハイファイブ、ミニ、ペレグリン、ニューフライヤー、ポッドモッド、フレッドスタブル、#4、ネックビアード、フレッドラブル、ウォーターホグ、

アベレージジョー、バニーチャウ、ダンプスターダイバー、ポッド。

ディスカウント対象のアウトレット商品もございます。

アルメリック-ツイン サーフボードの全国発送行っています。