カテゴリー別アーカイブ: High5

カスタムボード


風が止まっている海の日。
波のサイズはコシムネ。
ウエットスーツはスプリング。
楽しめる波が続いた連休になりました。
レジンカラーとバフ掛けされた、カスタムで出来上がった櫻井さんのツインフィン。
綺麗なハイファイブが出来上がった63歳の高内さん。

ドルフィンスルーが出来ない大きなボードを使い、体力を消耗していた高内さん。
今回容積を10L下げたハイファイブのレングスは6’1″。


ニューボード



ほぼフラットな月曜日。

フェイスを走る事が難しいヒザサイズの波。

一年を通して、ここまでウネリが弱いのも珍しい千葉外房。
たっくんのニューボードは6’のソフトボード。

57kgの坂田さんの5年ぶりのニューボードはハイファイブの5’4″。

ハイファイブ5’4″で1年練習の青山さん、パフォーマンスバードに選ばれたのはサンプラーの5’7″。

体重60kg、53歳の石橋さんのニューボードは最新モデルフィーバーの5’9″。
全ての新しい人気モデルに乗る69kgの氏家さん、フィーバーは5’10″。

15年ぶりにサーフィンを再開される166cm58kgの渡辺さん。
以前はショートを20年続けていたので、今回はホグレットの5’5″をご提案。

身長に近い5’5″というレングスは海の中での取り回しが行い易く、昔ショートボードを楽しんでいた方は、ドルフィンスルーで沖に向かうのが習慣になっていて、ボードを動かす楽しさを体は覚えています。

久しぶりのサーフィンで大きすぎるサーフボードは沖に出る事で体力を失い、最初は波に乗れる喜びを再び感しますが、慣れてくると動かないボードに不満を感じ始めてしまいます。

ホグレットの5’5″はドルフィンスルーを行え、丸いノーズは安定感強く滑り出しは早いのでリップアクションやカットバックなども十分にこなせるため、久しぶりにサーフィンを復活する方のサポートをしっかりと行えるサーフボードです。

◆7月のイベント開催中です。


良い波とハイファイブ


完全に無風の火曜日。

クリーンな海面とロングショルダーのコンディション。
波のサイズはムネ前後。
9時のミドルタイドから波質はアップしてきます。 梅雨時期なのでパワーは弱いですが、どれも岸までロングライドできる波。
少し浮力の多いサーフボードがお勧めです。
ウエットスーツは薄手のフルスーツが丁度良い海水温度。 お昼過ぎの干潮時間も風は吹いてなく、日没まで良い波に乗れそうです。
風が吹きにくい梅雨時期は綺麗な波が多く、スタイルや加重の練習を行い易い期間です。
今朝はハイファイブでサーフィン。
みなさんハイファイブの使用が多かった朝のサーフィン。
後藤さんはハイファイブのツインスタビライザー。
多部さんもハイファイブのツインスタビライザー。

菅野さんのスーパーマジックボード、ハイファイブの5’8″で28,5L。

石橋さんが神と呼ぶハイファイブは5’4″で25,4L。


オンショア



朝からオンショアの火曜日。

ウネリ弱くコシハラの波。

海水はとても冷たくなり、体が冷えてしまいました。

今朝はハイファイブでサーフィン。
波のサイズが小さく、風でヨレたフェイスのコンディションでも、コンパクトなパワーゾーンに入り込みやすく、機敏に走ってくれるハイファイブ。

ホグレットが登場した事で、小波用ボードの選択方法が変わり、沢山乗れる事を優先されるならホグレット、小波でも多くのアクションを入れて楽しむのであればハイファイブやミニ、ポッドモッドがおすすめになります。


ハイファイブ


良い天気と南東の風が吹く火曜日。
朝はまるで乗る場所がないダンパーブレイク、干潮以降にコンディションアップ。
波のサイズはハラムネ。
海水は暖かくないです。
今朝はハイファイブでサーフィン。
いつ使っても調子良い、安心と信頼のハイファイブ。

今朝一緒にサーフィンした石橋さんのハイファイブ5’4″は25,4L。
僕と石橋さんは、ハイファイブの大ファンです。


カスタムボード


本日も強めの南風。
波のサイズはコシハラ。
58歳、63kg、毎週サーフィンを楽しんでいる鈴木さんのカスタムボードは、少し長めのブラックアンドホワイト6’2″。
昨年サーフィンを復活された80kgの西條さん、ハイファイブの次にカスタムされたのは6’3″のニューフライヤー37,5L。
体重60kg牧野さんがカスタムされたホグレットは6’1″。全面イエローベタエアブラシ。
毎週早朝からサーフィンを頑張る石橋さんは52歳60kg。
お気に入りのハイファイブ5’3″から次のカスタムも5’4″ハイファイブ25,4L。
女性の菅野さんがカスタムされたハイファイブは5’8″-19 7/8″-2 5/16″ 28,5L。
レングスを伸ばす事で滑り出しをより速く、ドルフィンスルーがやりやすく女性でも持ち易い薄めのレールに、腕の長さに合わせた横幅でサイズ調整したハイファイブ。
大阪に発送されるEPSサンプラーのカスタムは5’8″。 G2 LOGO
夕方、レフトの良い波。
INTミニ ソフトボードで日没までサーフィン。
波のサイズはコシハラ時々ムネ、海水温度は低くブーツを使用。
短時間のサーフィンでしたが、ゼーゼーいうまで沢山の波に乗れるCI社のソフトボード。
お仕事が忙しく、久しぶりのサーフィンの時も、満足度の高いサーフィンを味わしてくれるサーフボードだと思います。


ニューボード


とっても寒い月曜日。 北北東の横風が強く、波はコシハラ。
二日間のボード試乗会は大盛況で終了。
波は丁度良いサイズで続き、暖かく新しいボードを試すには最適なコンディション。
ボードの特徴などを熱心に聞く方が多く、お店も冬場とは思えない忙しさの休日。

現在のサーフボードはとても乗りやすく誰もが楽しめる性能を持っています。
全体的にどのモデルもレングスは短くなり、少し昔のボードを使っている方には抵抗のある長さかもしれません。
安心感を求め、長めとたっぷりすぎる容積のボードを選び、逆に乗れなくなっている方の相談を受ける事が多い最近です。

サーフィンのレベルとお身体の大きさ、ホームポイントの波質、ぜひご自身に合ったサーフボードを手に入れてサーフィンを楽しんでください。
早朝に来ていただいた69kgの氏家さん
ニューフライヤー、ロケット9と乗り、次は5’8″のサンプラー。
毎週海に通う62kgの池口さん。重たい冬のウエットスーツ対策に選ばれた5’6″大きめのポッドモッド。
テールが絞られたポッドモッドはオーバーフロー気味でもアクションを行い易いモデルです。

冬場も千葉北で頑張る62歳の長嶋さん。
沢山乗れてドルフィンスルーができる大きさは5’9″のミニ。 数年のブランクがある75kgの田中さん。
乗れる事を優先で選ばれたモデルはミニの5’9″。 アベレージジョーからもう少しパフォーマンスアップで66kgの谷村さんが選ばれたのはミニ5’5″。 70kgの方のハイファイブは5’6″。 体の大きい方のツインフィンは5’11″、34L。 80kgの藤澤さんのカスタムは6’3″のブラックアンドホワイト。
クリステンソンは3本目の富永さん、今回はスクランブラーの5’7″。
日曜日最後のお客様は千葉北でサーフィン後に来店していただいた冬も頑張る女性。
ダンプスターダイバーからネックビアードに乗り換えです。