カテゴリー別アーカイブ: BONZER5

ビスケットボンザー


無風の土曜日。

楽しめるピークが沢山ある現在の千葉南。

波のサイズはコシハラ。

大潮なので、時間帯で変化が大きくあります。

ウエットスーツはシーガル。

ウネリの弱い時期にも活躍してくれるビスケットボンザー。

メーカー倉庫にフリーの在庫が入荷してきました。
本数は多くないですが、5’2″、5’4″、5’6″がございます。

センターフィンが付属されて160,000円税別です。


ビスケットボンザー


ややサイズアップした日曜日。 波のサイズはコシハラ時々ムネ。 海水は冷たく、まだブーツを使用。 弱いウネリにも強い推進力で楽しめるビスケットボンザーで3日連続サーフィンの今朝。

ボンザーシステムは難しいですか?というご質問を多くいただきますが、むしろトライフィンよりもサーフボードを走らせる事とドライブさせる事は容易だと感じます。

フレックス性能が良く大きいセンターフィンとサイドの4枚のフィンは、ドライブとターンの補助をしてくれ、トライフィンでは走れないフラットなセクションでもパワフルに走ってくれる楽しさがあり、まだ横にうまく走れない方や、ターンの練習をしている方にもこのボンザーシステムは良い手助けをしてくれると思います。

ボンザーシステムのサーフボードは上級者の乗り物という印象があり、実際良い波でのスピード感とドライブ性はトライフィンには無い楽しさがありますが、まだサーフィン歴の浅い方にも強い安定感のボンザーシステムはお勧めできるのではないでしょうか。

とてもおすすめなボンザーシステムですが、まだメーカー在庫は1本も無く、入荷待ちの状態です。

4枚のフィンは手作業での仕上げの為、作業時間が通常よりも長くかかり、出来上がり本数も多くはないので、メーカーストックも少なそうなモデルです。

ビスケットボンザーのサイズは5’2″から2インチ刻みであり、クリアーの他にグリーン、ブルー、グレーの色があります。

センターフィンが付属されて価格は160,000円税別。

入荷量が少ないモデルですので、早めのご予約かカスタムオーダーがおすすめです。


ストックボード到着



ウネリの弱い土曜日。

どうにかコシハラサイズの波。
海水は変わらずとても冷たく、グローブが欲しくなる温度。
今朝もビスケットボンザーでサーフィン。
乗り味の楽しさから、病みつきになってしまうサーフボードです。

サンプラーの完成品ストックボードが届きました。

本日北海道に発送される松井様のサンプラー5’10″。

サーフボードの全国発送行っています。
お探しのモデル、サイズ等ありましたらご相談ください。

佐川急便 を利用したサーフボードの配送料金は5,500円〜6,000円になり、離島は別途料金が必要になります。
乗れる本数を増やす為、ネックビアードの5’5″からレングスを伸ばして5’8″のサンプラーに変更の越川さん。


ビスケットボンザー



無風と弱いウネリの金曜日。
干潮前後2時間は楽しめるコシハラの波 海水はとても冷たく、冬用ウエットスーツとブーツを使用。 今朝はビスケットボンザーでサーフィン。

感心するぐらいよく走るビスケットボンザー。
ホローなフェイスでも弱いウネリでもグイグイと、スタンダードなトライフィンでは味わえない走りを体感させてくれます。
岸よりのヒザぐらになったウネリでも走り乗りつないで行ける楽しさ。


ボンザーシステム


全くウネリが無くなった月曜日。
海水温度が低い為か、濃い霧が出ています。
強い推進力を楽しめるボンザーシステムのサーフボード。

20年ボンザーを作り続けているキャンベルブラザーのオリジナルテンプレートが使われているフィンシステム。 フィンの上から始まるV、ボンザーシステムに最も重要なボトム形状であり、チャネルアイランズのラインナップの中でマッチングが可能だったのはビスケットとブラックビューティーのVボトムのモデル。 テールエンドまで続く強いV。
トライフィンでは味わう事が出来ない、スピードとドライブ性能を体験できるサーフボードです。


 


DEMO TOUR


良い天気の土曜日。
早い時間からサイドの風。
波のサイズはコシムネ時々カタ。
今日と明日はチャネルアイランズのボード試乗会を開催しています。
僕は早朝からボンザーシェルターを試乗。
このボンザーシステムを装備したサーフボードは特別なスピード性能と強いドライブを体感させてくれます。

明日26日も試乗会開催していますので、ぜひ新しいサーフボードにトライしてみてください。


CI Factory Tour 2017-3



契約選手から戻り、データが取られるテストボード。
カラーフォームが使われ低価格で登場する子供用サーフボード。
安全性と沢山の波に乗れる楽しさを求めたソフトボード。 歴史あるファクトリーだから完成するツインフィン。
個性的なボンザーシステム。
最新テクノロジーのフレックスバー。
トップ選手が使うハイパフォーマンスボード。
今回チャネルアイランズのヘッドクォーターでは、様々なサーフボードを見て詳しい解説を聞く事が出来ました。
オリンピック種目にも選ばれメジャースポーツとなったサーフィン。
カリフォルニアでも子供から年配の方まで幅広く楽しむスポーツとして定着しているのを実感します。

今年は、ここ数年で人気のあった一般のサーファー向けモデルが改良され、さらに乗り易いデザインになっての登場予定もあるみたいです。

昨年一年で大きく成長したカノア選手。
彼のボードのピックアップがあったので、引っ越したばかりの大きな新居へ。

ランキング21位のワールドツアー選手にお気に入りのモデルや、コンディション別のEPS、フレックスバー、ポリエステルなど素材によるボードの使い分け、新しいモデルの特徴などを直接聞く事が出来、良い参考になりました。

この日の夕方にはオーストラリアに出発する為、パッキングの手伝いで彼の父とバブルパッキンなどの買い物に行く途中に聞きましたが、昨年一年でのカノアの精神面での成長は父親もびっくりしているらしく、それが最終戦のパイプでの結果になったようです。

ガレージでサーフボードの話をしている時も、日本のテレビ局や企業からの連絡が鳴り、地元ハンティントンでは、ルーキーから誰もが応援するヒーローになってしまったカノア選手。

今シーズンの活躍も期待できそうです。