カテゴリー別アーカイブ: 年齢と向き合うサーフボード

年齢と向き合うサーフボード-3



夏のような気温の水曜日。
西の風と東のウネリが続き、波のサイズはカタ〜アタマ。
明日まで南西の風が続き、金曜日から北寄りの風に変化しそうです。

幅広い年齢の方が楽しむ現在のサーフィン。
2020年のオリンピック種目にも選ばれ、
若い方から60歳、70歳の方も没頭してしまう魅力あるスポーツ。
2016年タヒチのコンテストでは、当時44歳のケリースレーターが優勝。

様々な環境の方が楽しめる現代のサーフィン、
その元になっているのはサーフボードの進化があります。
10年前のサーフボドとは比較にならない進化をしていて、大きなターニングポイントになったのは6年前に登場したネックビアード、そして誰もが1本目のライディングから興奮してしまう4年前に登場したニューフライヤー、それ以降のサーフボードはみな高性能になり、滑り出しはさらに早く、誰もが休日のサーフィンを楽しめるデザインになっている最近のサーフボード。

昨年登場したサンプラー、ブラックアンドホワイトそしてツインフィン、ロケット9は、どれも推進力が向上していて、最高速度が上がっている事を実感できます。

高性能になったサーフボードはアクションが行いやすくなり、誰もが波のフェイスを自由に走れる性能を備えるようになっています。
そして最も一般のサーファーにとって高性能が影響しているのは、加齢や忙しい仕事での運動不足のハンデをサーフボードが十分補ってくれる点です。

30年40年と長年サーフィン楽しまれている方も現在は50〜60歳近く。
まだまだサーフィンを続けられますが、体力の低下は逆らえないところです。
01111rinconカリフォルニアのリンコンの様なポイントブレイクでドルフィンスルーも少なくピークに到着できる場所が少ない日本のサーフポイント事情、ビーチブレイクが多い千葉周辺のサーフポイントも常にドルフィンスルーを行いながら波を捉える行動を繰り返し、良いピークを探さなければならないのが現実です。
この作業は若い時も歳をとっても変わらなく、幾つになってもキープパドルとご自身に合ったベストサイズのサーフボードがサーフィンには必要になります。

昔からサーフィンを続けている方はショートボード世代、体力が落ちたからと突然ロングボードに変えても、扱い慣れていない大きなロングボードは逆に体力を消耗してしまいます。
取り回しのラクな4ドアセダンの乗用車から大型トラックに乗り換える様な感覚です。

体力の衰えを感じた方が、ボードのサイズを大きくアップさせて苦戦している姿を見かける事が多くなった最近、急激なインチアップは慣れ親しんだご自身が乗るべきピークポジションも変化してしまい、強い浮力アップしたボードはフェイスを滑り降りる前に浮かび上がってしまい、逆にテイクオフを遅らせてしまう現象が発生するため、強浮力に合わせた新たなピーク探しから始めなければならなくなります。

年齢と共に低下してしまう体力や筋力、現在は性能の良いショートボードが多くなり選択肢が広がった事で、ご自身の体力と技術をしっかりサポートしてくれます。
レングスや浮力のアップなど少しの変化で劇的に毎週末のサーフィンが楽しくなってしまうのも最近のショートボードです。

しっかりと年齢や体力と向き合い、正確なサイズのボード選びがサーフィンを長く楽しむ秘訣だと思います。

今春、カスタムオーダーが出来上がってきた、60歳になる3名の方のボードをご紹介します。
ご紹介する3名の方は、40年間続くサーフィン仲間であり、オールシーズンサーフィンを楽しまれています。

モアナには2年前のボードご注文から来店していただき、今回のカスタムオーダーまで様々なご相談を行いながら、僕自身も年齢と向き合うサーフボードについて良い勉強になっているお客様です。

鈴木さんのカスタムはブラックアンドホワイトの6’2″容積は31.4L。
それまで使っていたのはニューフライヤーの6’1″ 35.3L。

山中さんがカスタムされたロケット9は6’0″容積は32,4L。
2015年に山中さんがカスタムされたのは6’3″のニューフライヤーで容積は37,5L。

伊藤さんのカスタムはSKのスピードボール6’0″容積は33L。
以前使っていたのはクリステンソンの6’3″容積は40L。
伊藤さんは前回出来上がった33LのSKが使いやすく、最近さらにレングスを短くして出来上がったロケット9は5’11″で容積は30,4L。
取り扱いが楽になり、滑り出しも十分な早さ、ベストサイズと感想をいただいたロケット9。

60歳の記念にみなさんがオーダーされたボードは、全てサイズダウンされている事に注目してください。

年齢が進むと共に、ボードサイズを上がれば大丈夫という考えから
現在のサーフボードの性能にお身体の大きさを考慮して、さらに楽に沢山の波に乗れ、サーフィンのライディングをキープできるサイズ選択をされています。

現在のサーフボードは平均のレングスが全て短くなっているので、20年前に皆さんが使っていた長さはあまり必要なくなってきています。

ご自身の体でホールド出来ない強い浮力は、波に巻き込まれる可能性を高めてもしまいます。
これは年齢だけでなく、軽量な女性や筋力の弱い男性にも該当すると思います。
レングスを長くした方がやはり滑り出しの部分では有利になりますが、浮力は体重に合わせた調整が必要になります。

今回出来上がったカスタムボードはとても満足していただき、お話をしているとサーフィンが若返っているのが伝わってきます。

現在のサーフボードには容積表示をされた物が多くなっています。
ご自身の体重に対して容積をどのぐらいにすると、どのような浮力感になるのか、
アウトラインや使われる素材によって違いは出てきますが、下記の5段階を数値にして求める事ができます。
1、簡単に沈められる
2、やや沈めるのが大変
3、波数が多くなると沈められなくなる
4、1回だけなら沈められる
5、ほぼ沈める事が出来ない

様々な容積のサーフボードを使い、体重に対して数値を出せるようにしましたので、カスタムオーダーの時にぜひ相談してください。

年齢や体力と向き合うサーフボードのレングスと浮力の関係、ムリがなく扱いやすいサーフボードを手に入れて休日を楽しんでください。

今年も11月からカスタムオーダーフェアー開催予定です。


 

 

 

 


年齢と向き合うサーフボード-2



南西の風が吹く火曜日。
波のサイズはコシハラ、海水は暖かくウエットスーツはタッパー〜ベスト。
今朝は名作のネックビアードラウンドテールでサーフィン。
昭和39年生まれ、53歳の佐古さん。
4年前に初めて来店していただき、同じ歳ということもあり一緒にバリに行ったり、お酒の席をご一緒する現在の関係です。

20歳でサーフィンを始めた佐古さん。
その後、32歳から37歳まではサーフィンをお休み、37歳の時に下の写真一番左の6’3″を中古で購入してサーフィンを再開。
途中左から2番目の6’9″のファンボードを中古で手に入れ、49歳までお一人でサーフィンを続けていたのが、佐古さんが来店されるまでのサーフィンの経歴です。

49歳の時にウエットスーツのご注文で初めて来店していただき、長年続けているサーフィンの伸び悩みを相談され、すぐにプライベートのレッスンをスタート。
その時の佐古さんのサーフィンの状態は、
波を追いかけずに目の前に来た波にだけ刺し乗り、デッキを顎で押しフルバタ足で目線はボトムに一直線。
佐古さんの一番の悩みは、波のショルダーに出れず、フェイスを見れた事がない事。

自己流の時間が長く、修正部分が多くある状態、まずお願いしたのが20年以上前のボードを、性能が向上して完成度の高い現代の物に変えてもらう事。

サーフボードは10年前の物と現在販売されている物を比べてそんなに変わらないのでは、と思われる方も多いと思いますが、7年ぐらい前からシェイプマシンを使った製造技術が向上し、5年前には完成度の高い、滑り出しが速く、どなたでも扱いやすいボードが登場しています。
昔の6’4″よりも現在の5’7″の方が軽い力で滑り出し、スピード性能も比較にならない向上をし、ボードの当たりハズレは無くなり、サイズの合っているボードを信頼して、ご自身のスキルアップに専念する事が出来るのが現代のサーフボードです。

大きめのニューフライヤーを手に入れた佐古さんに最初アドバイスしたのが、パドリングのフォーム、次にピークの位置、そして目線。
ほとんどの方がライディングを良くしたいと思っているのが普通ですが、ライディングをスムースに上達させるには、助走となるパドリングの回数と距離がとても重要になります。

パドリングでの助走が出来る様になり、スムースなテイクオフからフェイスに出れる回数が増えて来た佐古さんが次に上達の為に準備したのは、6’1″のシングルフィン。

一枚のフィンがセンターにあるだけのシングルフィン。
トライフィンで普通にパドリングしていた人も、シングルフィンにすると、ボードは左右に揺れてしまい、なかなか進む事が出来なくなってしまうのがシングルフィン。
パドリングからしっかりと教えてくれる先生となってくれるのがシングルフィンの良い部分です。

フェイスに出れる様になって来た佐古さんの次の課題は、軸足加重を行いスムースなターンで次のセクションに繋げる事。

シングルフィンを使い始めは思い通りにならず苦戦していた佐古さんも、一年後には変化とシングルフィンの効果が出始め、正確なピークからスムースなテイクオフ、重心移動を行いターンからのロングライディングが現在は多く見られる様になっています。


この写真は昨年末に撮れた佐古さんのライディングです。
ここまで上達していただければ、もう安心です。
波に乗るたびに楽しく上達していただけると思います。

四年前までフェイスを走る事が出来なかった週末サーファーの佐古さん、コツコツと基本をやり直し、目標としていたスムースなロングライディングが出来る様になり、次なる目標はリップアクションにトライの上達している53歳です。

佐古さんが選ばれたニューフライヤーとシングルフィンは、どちらもオーバーフローの大き目ですが、ドルフィンスルーで沖に向かえる事が出来るので、無駄な体力を使わずに50過ぎの体をテイクオフとライディングに集中させられる点が重要です。

現在のサーフボードは完成度高く、大きすぎず小さすぎず、レベルやいつも行くポイントの波質に合わせたボード選びをしていただければ、年齢を問わずサーフィンを楽しく上達させてくれます。

シングルフィンを使い二年経ち、ご自身も上達を自覚しサーフィンが楽しくなっているのは明らかな現在、次にオススメするサーフボードは決まっています。
浮力を4〜5リットル下げ、さらに沢山の波に乗れスピードが出る、トライフィン、クワッド、ツイン、様々なフィンセッティングが可能なサーフィンの幅を広げて楽しませてくれるサーフボードです。

Gimmick – Visitor
ギミックの新しいフィッシュモデルであるビジター。
様々なサーフポイントを訪れ、フィンセットを変える事で波質の変化に合わせて1本のサーフボーで楽しめるVisitorモデル。

レトロフィッシュではなく、あえて現代風フィッシュのアウトラインに最新のロッカーシステムを組み合わせ、乗りやすさと扱いやすさを追求したモデルになっています。

レベルや体重に合わせレングスと容積の調整を行いますので、ぜひ相談してください。

ツインスタビライザー

クワッド
トライ

夕方
年に数回だけ、空も海も全てがピンク色になる美しい時間があります。


年齢と向き合うサーフボード-1


1108 - 4 (1) 雨の日曜日。
1108 - 1 (1) 朝から無風でハラムネの波。
1107 - 1 (4) 幅広い年齢の方が楽しむ現在のサーフィン。
若い方から60歳、70歳の方も没頭してしまう魅力あるスポーツ。
僕自身も現在50歳になり、まったく下がらないサーフィンに対するモチベーション。
その元になっているのはサーフボードの進化です。
10年前のサーフボドとは比較にならない進化をしていて、大きなターニングポイントになったのは5年前に登場したネックビアード、そして誰もが1本目のライディングから興奮してしまう3年前に登場したニューフライヤー、それ以降のサーフボードはみな高性能になり、滑り出しはさらに早く、誰もが休日のサーフィンを楽しめるデザインになっている最近のサーフボード。

高性能になったサーフボードはアクションが行いやすくなり、誰もが波のフェイスを自由に走れる性能を備えるようになっています。
そして最も一般のサーファーにとって高性能が影響しているのは、加齢や忙しい仕事での運動不足のハンデをサーフボードが十分補ってくれる点です。

上の写真の三本、一番左は身長175cm、体重67kgの僕が頻繁に使うチャネルアイランズのハイファイブ5’4″ 容積は28.6L。
ハイファイブは滑り出し早く十分なリップアクションを楽しめるモデル、最近のラインナップの中でも扱いやすく、誰もが満足していただけるサーフボードデザインです。
海の近くに住み、サーフィンの回数も多いので50歳の現在もハイファイブはこの5’4″がベストサイズ。

身長よりも低い162cm、この長さのボードをお仕事が忙しく、海に来る回数が減った方、年齢と共に体力が低下した方、運動不足で太ってしまった方などが使うと現実は厳しいサイズになり2〜4インチアップが必要です。

写真中央はニューモデルのミニ。
サイズは5’11” × 20 1/2″ × 2 3/4” 容積は39.1L。
夏の終わりから様々な波でこのサイズを試していますが、通常のショートボーダーの倍近くアウトからテイクオフでき十分なアクションを繰り出せ、僕の体重でもしっかりとドルフィンスルーができるボードサイズです。

このボード体積は80〜90kgの方も楽しめるサイズになり、同じ体積を他モデルで求めた場合、ニューフライヤーだとレングスは6’4″、フレッドラブルなら6’8″のサイズになってしまい、やはり動きは緩慢になってしまいます。

30年40年と長年サーフィン楽しまれている方も現在は50〜60歳近く。
まだまだサーフィンを続けられますが、体力の低下は逆らえないところです。

昔からサーフィンを続けている方はショートボード世代、体力が落ちたからと突然ロングボードに変えても、扱い慣れていない大きなロングボードは逆に体力を消耗してしまいます。
長年ショートボードを楽しまれている方が体力を補うために長めのボードに乗った時、沢山乗れることに最初は満足しますが、使い慣れてくる頃には昔ショートボードを動かしていた自分に戻りたくなってしまいます。

最初、僕の体重では失敗してしまったかなという40L近い浮力でしたが、人間の体はすぐに慣れてしまい、3回目からは強烈な滑り出しの早さを楽しめ、モデル本来が持つクイック性やシャープな加速性能を楽しむ事ができました。

なぜこのミニでサイズの大きいタイプを試したかというのは、このモデルの元となっているのが7年ぐらい前に販売されていたスキニーフィッシュをベースにしていた為です。
スキニーフィッシュはアルがデザインしたハイパフォーマンスフィッシュボードで、薄めのレールが特徴のクワッドフィッシュになり、とても楽しかった印象があるからです。
沢山乗れるアベレージジョーでもレングスのアップは可能ですが、横幅のあるアベレージジョーを5’11″まで伸ばした場合、容積は43,3Lまで増え、センター幅は57cmまで広がってしまうので、パフォーマンス性よりもファンボードになってしまいます。

体力の衰えを感じた方が、ボードのサイズを大きくアップさせて苦戦している姿を見かける事が多くなった最近、急激なインチアップは慣れ親しんだご自身が乗るべきピークポジションも変化してしまい、強い浮力アップはボードに合わせたピーク探しから始めなければならなくなります。

ミニで5’11″にしたのは、同じカテゴリーのモデルよりも横幅が少し細く、レール形状が薄めだからです。
これ以上のレングスアップは滑り出しの早さは確保できますが、ドルフィンスルーで体力を消耗してしまい求めているコンセプト、楽して沢山の波に乗る事から外れてしまいます。
5’3″と5’5″も試乗した経験から、カスタムオーダーが可能でしたら5’11″のサイズで横幅は変えず、センター厚を2 1/2″ぐらいまで下げる事で容積は36.5Lになり、滑り出しはとても早いままパフォーマンス性能を上げていく事もできます。
カラニロブが開発したモデルだけあり、パフォーマン性能の良さは信頼していただけます。

一番右はギミックのオールラウンダーモデル
サイズは6’2″ × 19 11/16″ × 2 7/16″ 容積は32L。
こちらもコンセプトはミニと同じく、テイクオフが楽で沢山乗れて、動くボード。
長めのレングスは滑り出し始めの感覚は早くなり、より安定した深い位置からのテイクオフを可能にしてくれます。

広いノーズ幅はパドルの直進安定性が良く、弱目のロッカーは早い滑れ出しが可能となり、絞られたテールエリアはアクションを行いやすく、フェイスの広い波ではトライフィン、ワイドな波にはクワッド設定を楽しめるオールラウンドデザイン。
32Lの容積と6’2″の長さは、小波から大きい波までこれ一本で満足していただけ、ドルフィンスルーもスムーズです。

年齢と共に低下してしまう体力や筋力、現在は性能の良いショートボードが多くなり選択肢が広がった事で、ご自身の体力と技術をしっかりサポートしてくれます。
レングスや浮力のアップなど少しの変化で劇的に毎週末のサーフィンが楽しくなってしまうのも最近のショートボードです。

現物が店内にありますので、レールなどのボリュームを見ていただき、体重やサーフィン歴に合わせカスタムオーダーをおすすめいたします。